法律事務所

世界びっくりの記事一覧

人里はなれた場所にぽつんとたたずむ孤独な家

非常にさびしげなものを感じてしまいますが、どうなのでしょう。これらの家の持ち主たちは自ら進んでこの場所に家を建てたという場合が多いはずです。

煩わしい喧騒から離れている、静かな場所を求めたのではないでしょうか。これらはある意味で、だれもが憧れる孤独な家なのかもしれません。

孤独になりたい時、静寂を感じたい時に訪れる場所。

0_9f199_c7ceeba9_orig_s

「【孤独】人里はなれ、ぽつんとたたずむ家の画像集【静寂】」の続きを読む »

世界びっくり

オランダフラワー・パレードをご存知でしょうか?

人口2万人の小さな町ズンデルトでそれは毎年開催されているのだ。

このお祭りの見所は、無数の花で飾られた巨大な山車(フロート)である。巨大さもさることながらそのデザインが非常に個性的というか、奇妙だったりするのがおもしろい。なにかエスニックなアジアっぽい雰囲気を感じてしまった。

使われる花の種類は意外に1種類で、ダリアの花のみという。

what-they-do-with-flowers-in-the-netherlands05_s

「【画像】オランダのフラワー・パレードの巨大な山車がすごい&奇妙」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート, トラベル/リゾート, 世界びっくり

チベット、カム地方にラルン・ガルという場所がある。そこはチベット仏教の聖地。ここには僧5000人と尼僧6000人以上が暮らしており、僧院都市といわれている。口伝えで次々と、ある僧の下へ修行僧が集まってきて、いつの間にか街になってしまったのだという。

すべてが寺院と修行僧の僧坊(僧の家)なのである。

0_a7af8_f6176a9f_orig_s

「【秘境】チベット仏教の聖地:ラルン・ガル【画像10枚】」の続きを読む »

トラベル/リゾート, 世界びっくり

ロシアの革命家、政治指導者のウラジミール・レーニン(1870~1924)の幼少期から晩年までの写真、23枚を集めました。

ウラジミール・レーニンこと本名ウラジミール・イリイチ・ウリヤーノフ。レーニンは革命中の暗号名で英語の「Leniency」(=寛大さ)から取ったものだ。

 

1887年ごろ学生時代のレーニン17歳

31_s

「【写真まとめ】レーニンの幼少から晩年、そして死」の続きを読む »

世界びっくり

ワイルドすぎる人間たちの姿。

バイクというより原付に鶏やウシを剥き出しの状態で乗っけて走り行く。日本ではまず見られない光景だろう。

日ごろ忘れがちなある種の生々しさを思いださせてくれる画像だ。

鶏とアヒル 生きている?

19

「【画像】食用の動物を剥き出しで運ぶバイク10選」の続きを読む »

世界びっくり, 動物 生物