法律事務所

オモシロの記事一覧

kennedy_space_center-cropped_s

今回の話題は「アメリカにあるオタクやマニアが集まる場所」の10選です。

オタクという単語はすでに世界的な言葉になっていてそのままで意味が通じる場合が多いようですが、英語としては「ギークgeek」「ナードnerd」といわれているようだ。多少違いはあるだろうが、専門知識にめっぽう強いがジミ目で社交性が弱い人たちという意味合いで使われるのだと思う。

わりと悪口として発することの多かった言葉であろうが、今や状況が一変しているという。誰もが感ずいていることと思うが、細分化、複雑化が驚異的に進んだ現代社会において、オタクやマニアたちがあらゆる分野をリードしているのは自明のことであろう。

 それでは、アメリカ人のオタクやマニアたちが集う10のスポットをご紹介します、どうぞ。

 

■コンピューター歴史博物館 カリフォルニア州マウンテンビュー

コンピューターに関する世界最大級のコレクションを有している。Cray-1スーパーコンピュータ、Cray-2、Cray-3、Cray-4のパーツ、ユタティーポット、Neiman Marcusの1969年のキッチンコンピュータ、Hewitt Craneの磁気論理回路のみからなるコンピュータ、Apple I、カスタマイズされたWebサーバが搭載されたGoogleの初期のサーバーラックなどが展示されている。コンピューターオタクたちの聖地である。

Computer_History_Museum_s

 

■EMP博物館(Experience Music Project) ワシントン州シアトル

シアトルといえば、ニルバーナをはじめとしたグランジ発祥の地。その他ジミー・ヘンドリックスなどアメリカのロックやポップスのミュージックシーンの重鎮たちを数多く生んできた街である。そういったシアトルのミュージックシーンのすべてを凝縮して堪能できるのがEPM博物館である。音楽マニアの聖地といえよう。

emp-museum_s

 

■ファンスポット ニューハンプシャー州ラコニア

世界最大級のビデオゲーム、レトロアーケードゲームのコレクションを有している。世界初のアーケードゲーム機、「コンピュータースペース‐Computer Space」など70年代から90年代のゲームが筐体とともに保存されている。そして実際にプレイすることが出来るのがすごい。これほど大規模にアーケードゲームを稼動させているところは世界に無いという。

Funspot_s

 

■国際UFO博物館 ニューメキシコ州ロズウェル

ロズウェルといえば、1947年UFOが墜落し米軍によって回収されたいうロズウェル事件で一躍有名になった町である。それ以来、ロズウェルという町はUFO一色になったといっても過言ではないだろう。そしてこの国際UFO博物館も世界的に有名なスポットとなっている。まさにUFOマニアの聖地だ。

International-UFO-Museum-Center-in-Roswell-New-Mexico-88203_s

 

■ケネディー宇宙センター フロリダ州ブレバード

NASAの宇宙船(スペースシャトル)発射場及び打ち上げ管制施設である。一般に公開されている箇所があり公開ツアーなどにより観光客に人気のスポットとなっている。宇宙関連マニアはよだれが出そうなスポットであろう。

kennedy_space_center-cropped_s

「【聖地】アメリカ人のオタクやマニアが集う10のスポット」の続きを読む »

オモシロ, トラベル/リゾート, 世界びっくり

jack

今回は映画の中の最も印象深い悪役のランキングです。

悪役というのはほとんどのジャンルにおいて必ず必要になってくる存在だ。個性の強烈な悪役は多くの場合作品をよりドラマティックにするし、主人公の存在感を超えて注目されたりもする。とにかく強い(最強)、とにかく悪い、とにかく執念深い、とにかくイカレてる、とにかくかっこいい・・・などなど。

ギャング映画やホラー映画などは悪役こそ主役であることの方が多い。完全に狂った狂人もいれば理知的な悪役も多いだろう。また、やむを得ず悪役となっている場合もあれば、最後の最後に悪役だったことが判明するなんてこともある。実際悪役の方がヒーローより興味深い場合が多く、熱狂的な支持を得たりするのも悪役に多い。その場合はアンチヒーローという称号を得ることになるだろう。

ちなみに私が好きな悪役といえば、ハンニバル・レクター、ペンギン男、カイザー・ソゼ、コラテラルのトムクルーズがぱっと浮かんできました。考え出したら切がなさそうです。

俳優で悪役が似合うと思うのは、アンソニー・ホプキンス、ジャック・ニコルソン、デニス・ホッパー、ケビン・ベーコン、ゲイリー・オールドマン、アラン・リックマン、最近はハヴィエル・バルデムとフィリップ・シーモア・ホフマンが良いです。あと実はすごいというのがロバート・デ・ニーロでしょうか、ケープ・フィアーもマフィアも怖すぎ。

それでは、海外サイトで紹介されていた、映画の中の悪役ランキング・トップ10をご覧下さい、どうぞ。

10.ハンス・ランダ親衛隊大佐:クリストフ・ヴァルツ『イングロリアス・バスターズ』

Hans-Landa1

 

9.パトリック・ベイトマン :クリスチャン・ベール『アメリカン・サイコ』

patrick-bateman

 

8.アーチボルト・カニンガム: ティム・ロス『レジェンド・オブ・ヒーロー/ロブ・ロイ』

archie

 

7.アニー・ウィルクス:キャシー・ベイツ『ミザリー』

annie

「【ハリウッド映画】最も印象的な悪役ランキング【トップ10最強:最悪:最低】」の続きを読む »

オモシロ, 世界びっくり

Levis13_s

今回はリーバイスジーンズの歴史がわかるレトロな画像集の話題です。

リーバイ・ストラウスはジーンズを開発した会社として世界中の誰もが知っていることでしょう。時はゴールドラッシュ、金鉱夫たちが履く丈夫なワークパンツとして好評となったのが始まり、というのも有名ですね。

銅鋲で補強した画期的なズボンだったんですね。リーバイスから生地を買っていたジェイコブ・デイビスという仕立て屋が考案し、リーバイスとともにジーンズの特許をとったようです。

最初はキャンバス生地だったものがデニム生地に変わりました。デニムとは綿を厚く織った生地です。染料にはインディゴが使われました。インディゴとはもともと植物由来の青い染料で世界各地で太古からつくられていた染料です。日本では藍(アイ)という植物ですね。

後にインディゴはドイツのアドルフ・フォン・バイヤーという科学者の発明によって化学合成によって作られるようになりました。しかし、リーバイスのヴィンテージものは天然インディゴで染められていた、なぜなら天然インディゴには蛇や虫除けの効果があるからだったといわれている。

ですが実際、これは都市伝説のようです。リーバイスの古いヴィンテージ・ジーンズも染料は合成インディゴで染められていたようです。確かに天然の藍(インディゴ)には蛇や虫除けの効果があるようなので良く出来た都市伝説ですよね。

さて、リーバイスは発展途上国にたくさんの工場を作りました。それと同時に工場で働く人のための学校を作っていたようです。そのことで株主たちから「学校を作る資金があるなら配当を増やすべき」と批判されました。しかし会社側は企業理念として社会に貢献する企業を追求するために批判を突っぱねたようです。かっこいいですね。

ではそんなリーバイスのレトロな画像集をご覧下さい、どうぞ。

Levis01_s

Levis02_s

Levis03_s

Levis04_s

Levis05_s

Levis06_s
「【デニム】リーバイスの歴史に触れるレトロな画像集【ジーンズ】」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート

JohnnyDepp08_s

今回はジョニデことジョニーデップがこれまで主演した映画の役柄についての話題です。

ジョニー・デップといえばみなさんはどんなイメージがありますか?やはりパイレーツ・オブ・カリビアンでの海賊ジャック・スパロウの姿をイメージする人が多いかもしれませんね。

パイレーツ・オブ・カリビアンにしろ最近のローン・レンジャーにしろ、コスチューム・プレイ(時代劇や歴史劇)とか奇抜なキャラクターの役が多くて、現代劇で普通の格好をして演じているのを、これほど見ない俳優さんはいないんじゃないかという感じがします。

シザー・ハンズからの友人関係であるティム・バートン監督作品に主演することも多く、ゴシックファンタジーが多いことから奇抜な役柄が多くなるということはあるかもしれません。しかしそれ以外でも特に近年は顔をメイクした役柄が多すぎますよね。

それから、ヴァネッサ・パラディーとの間に子供が出来た2000年以降から娯楽系映画が増えたようにも感じますね。パイレーツ~も子供が喜ぶから連作に出演したといっているようです。

ということで、そんな奇抜なコスチュームやメイクの役柄が多いジョニーデップの23年間の遍歴、変貌を見て行きましょう、どうぞ。

 

■クライ・ベイビー(1990年) お嬢様に恋する不良少年のウェイド役

JohnnyDepp01_s

■シザー・ハンズ(1990年) ハサミの手を持つ心優しい人造人間のエドワーズ。 人間に恋をする

JohnnyDepp02_s

■ラスベガスをやっつけろ(1998年) 伝説のジャーナリストのラウル(ハンター・S・トンプソン)

JohnnyDepp03_s

■スリーピー・ホロー(1999年) 首なし騎士と対決する捜査官イカボッド ゴシックホラー作品

JohnnyDepp04_s

 ■ブロウ(2001年) 伝説のドラッグディーラー、ジョージ・ユング役

JohnnyDepp05_s

■パイレーツ・オブ・カリビアン(2003年) エキセントリックな海賊ジャック・スパロウ

JohnnyDepp06_s

■チャーリーとチョコレート工場(2005年) 変人のチョコレート工場長

JohnnyDepp07_s
「【メイク】ジョニー・デップ:主演映画での変貌【奇抜】」の続きを読む »

オモシロ

hollywoodcops-7_s

今回は最も有名なハリウッド映画の中の警察官(ポリスマン)は誰だという話題です。

警察官が主役のハリウッド映画といえばすぐにいくつかの作品を思い浮かべることが出来ますよね。警官が出てくるということはだいたいアクション映画だということになりますかね。

今回は最も有名で人気のある15人のランキングなんですが、それを見る前にランキングに入っていなかったけど私にとって印象深い映画の中の警察官を何人かあげてみたいと思います。

まずは「HEAT」のデ・ニーロとアル・パチーノははずせませんね。二人の超実力派俳優が初めて共演、しかもマイケル・マンが監督するというすごい映画でした。有名な銃撃戦のシーンはもちろんすごいんですが、夜の街の撮り方がかっこよすぎる。音楽も独特でしたね。

次に「セブン」のブラッド・ピッドとモーガン・フリーマン。この映画はホントにスタイリッシュでかっこよかった。雨のシーンが多いのも印象的。銃を横向きに構えるブラッドピッドをよく真似しました。

それから「ディパーテッド」のディカプリオとマット・デイモンの対決。これは傑作香港映画「インファナル・アフェア」のリメイクで潜入捜査の緊迫感がやばい映画です。

さて、それでは本題です。最も有名な映画の中の警察官ランキングTOP15をご紹介します、どうぞ。

15.『ビバリーヒルズ・コップ』 アクセル・フォーリー by.エディ・マーフィ

hollywoodcops-15_s

 

14.『バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト』 LT by.ハーヴェイ・カイテル

hollywoodcops-14_s

 

13.『フレンチ·コネクション』 ジーン・ハックマン by.ジミー・“ポパイ”・ドイル

hollywoodcops-13_s

 

12.『L.A.コンフィデンシャル』 バド・ホワイト by.ラッセルクロウ

hollywoodcops-12_s

 

11.『レザボア・ドッグス』 Mr.オレンジ by.ティム・ロス

hollywoodcops-11_s

「最も有名なハリウッド映画の警察官(ポリスマン)TOP15」の続きを読む »

オモシロ