法律事務所

動物,画像の記事一覧

ナショナル・ジオグラフィック(National Geographic)は1888年に創刊されたアメリカの月刊誌で、地理学、人類学、自然・環境学、ポピュラーサイエンス、歴史、文化、最新事象、写真などの記事を掲載している。日本を含め世界36カ国語で販売されている世界的な雑誌です。

ナショジオの特色といえば何といっても高品質な写真画像を多用した雑誌であること。雑誌は普通、記事が第一に大切であるが、ナショジオの場合、写真だけでも見る価値が相当にあると思わせるのだ。掲載写真の基準は厳しく、プロのカメラマンが撮影した膨大な写真から、1万枚に1枚程度を選出して掲載するようです。

「プロの撮り方」という写真撮影の技術を解説しているシリーズがとても有名で、またアマチュアカメラマンの大規模な国際的写真コンテストも開催している。

ナショジオの写真を見ているとたびたびカメラマンにあこがれてしまうことがあります。普段は特別カメラに興味があるということもないし、写真に強烈に引かれるということは少ないのですが、ナショジオの写真は、ジャンルも影響してる(世界の自然や動物)と思いますがかなり惹かれるものがあり、またカメラ撮影に興味がぐぐっと高まります。

それでは、ナショナル・ジオグラフィックの野生動物と自然の写真画像集です、どうぞ。

1024_768_20100701084402696071_s 1366_768_20100629084238546361_s 1366_768_201102190843391104870_s 1366_768_20110219085049869574_s 1600_1200_20100627090941297259_s 1920x1440-tiger-wallpaper-hd-bakground-animal-wild_s 2876_pc_s
「野生動物の美しすぎる写真画像集:ナショナル・ジオグラフィックの写真はすごい!」の続きを読む »

トラベル/リゾート, 世界びっくり, 動物 生物

アルビノとはメラニン(色素)が欠乏している先天性色素欠乏症の動物固体のこと。

シロウサギはアナウサギのアルビノで「ジャパニーズホワイト」という品種として認定されている。実験用の白いマウスもハツカネズミのアルビノである。また、ウーパールーパーはメキシコサラマンダーのアルビノである。アクアリウムの世界ではアルビノのコリドラス(小型のナマズ)など多くの種類があり人気がある。

突然変異で生じた白い固体は白変種といい、厳密にはアルビノではないようだ。アルビノは遺伝情報の欠損から生じる症状なのであり、べつものだという。ホワイトライオンやシロクジャクは白変種だとのこと。一般的にはアルビノと白変種が混同されて通っているようだ。

さて、アルビノと呼ばれる白い生物は、一般的に我々にとって神秘的に映るだろう。それはしばしば、神話ファンタジーに特殊な能力を持って登場したりする。白という色が我々に連想させるものが関係しているのだと思う。

それは、穢れや汚れがない存在、ということであろう。

それでは、本題に戻ってアルビノや白変種の動物たちの画像集です、どうぞ。

 

ザトウクジラ

albinowhale-e1375841521226_s

 

リス

ap_squirrel_080411_ssh_s

 

ハチドリ

hummingbird-e1375841494469_s

 

ヘラジカ

moose-e1375841465634_s

 

 

トナカイ

arubino_herajika_s

「【神秘的】先天的に全身が白い動物たち:アルビノの画像集【白変種】」の続きを読む »

動物 生物

動物たちがキスをしている画像のご紹介です。

動物たちのキスにはどのような意味がこめられているのだろう。人間のそれとは違うだろうことは確かだ・・・そうでもないのかな?

たとえばキッシング・グラミーという熱帯魚は同種でよくキスをしているが、それは決して愛し合っているのではなく、威嚇あるいは戦いなのである。

以下にご紹介するのは、どれもとても仲が良い感じに見えるし、だんだん愛情のように見えてきます。

0_a7cc2_74ced453_orig_s
「【画像】動物たちのキス19枚」の続きを読む »

動物 生物