法律事務所

おもしろ画像,海外の記事一覧

今回は最近のおもしろいギネスブック、ギネス記録の話題です。

ギネスブックってよく耳にしますよね。世界一の記録がたくさん載っている本です。そんな誰もが一度は耳にしたことがあるギネスブックですが、本屋さんで売っているのを見たことありますか?

私はないです(笑)。でもこれだけ有名な本ですから売ってるはずですよね。実際売ってるらしいんですが、なんで見たことないんだろう。それは本屋に行かないからだろうって?いや、わりと本屋は行く方だとおもうんだけど・・・。

ギネスブックは正確にはギネスワールドレコーズというようです。アイルランドの黒ビールで有名なギネスビールが作った本ですね。当時の社長が思いつきで作ったみたいです。ギネスビールはアイルランドですがギネスワールドレコーズはイギリスに本社があるようですね。

日本ではギネスブックという名前でしたが今はギネス世界記録という名前になっているようです。今は角川書店が出版権を持っていて角川マガジンズが発行しているとのこと。へー、ちゃんと販売してるんだ。価格は3100円ですって。けっこうしますね。

さて、ギネスブックがちゃんと売られていることがわかったところで、おもしろいギネス世界記録からいくつかの新記録を見てみましょう。

■世界一速くハイヒールで走れる女性 100mを14・5秒

05_s

 

■世界一掃除機のコレクションをしている人 322個

09_s

 

■世界一小さな犬 チワワのミリー 9.65cm

10_s

 

■世界一のローラースケートリンボー記録 25cm

11_s

「【画像集】おもしろいギネス世界記録の新記録の紹介」の続きを読む »

オモシロ, 世界びっくり

今回は世界25カ国の小学校、小学生の画像集です。

誰もが感じることだと思いますが、小学生の6年間の体感時間ってものすごく長いですよね。もっといえば1日1日も長い。何であんなに長く感じたかといえば多感な時期だったから、1日1日が濃すぎて、振り返ると長く感じるのでしょうね。年を重ねると日々の好奇心や驚きが少なくなって、平坦な1日が繰り返されているように感じる。振り返っても小学生のときと比べて薄っぺらい。

現代の小学生もやっぱり同じで、1日が長く濃密に感じていることでしょう。ただ以前と違うこともいくつかあるようです。まず名札を廃止する学校が増えているとのこと。これは児童への犯罪を予防するためのようです。

それからランドセル。男子が黒、女子が赤という色分けが明確ではなくなってきているとのこと。いろんな色のランドセルは以前からあることはありましたが、昔はめったに黒赤以外の子を見ませんでしたよね。今は黒赤以外も売れているようですね。

ちなみにランドセルは陸軍の背嚢(はいのう)と呼ばれていたリュックサックが元になっています。よく使われていたのがオランダから持ち込まれた「ランセル」という背嚢だった。大正天皇が小学校に入学した際、伊藤博文が通学鞄としてこのランセルをプレゼントしたのが広まり、ランドセル(ランセルが訛った)が小学校の通学鞄となった。でも別に決まってないんですよね、本当はなんでもいいようです。

さて、豆知識はほどほどにそれでは本題です。世界25カ国の小学生の画像集です、どうぞ。

■パレスチナ ガザ地区

school01_s

 

■スイス

school02_s

 

■インドのイスラム教徒

school03_s

 

■香港

school04_s

 

■ケニア

school05_s

 

■グアテマラ

school06_s

 

■日本

school07_s

「世界25カ国の小学生・小学校の画像集」の続きを読む »

オモシロ, トラベル

今回は世界の珍しい歯医者・歯科・デンタルクリニックの話題です。

みんなが嫌いな歯医者さん。稀に好きな人もいるかもしれないけど大多数の人はきっと嫌いなはず。端的に痛いですからね。それからキーーンという不快な音、そしてとても無視することができないのが味!口の中に残る違和感!

歯科の二大疾患といえば「う蝕(虫歯)」と歯周病。口の中にはたくさんの種類の細菌がいて、う蝕を引き起こす一番の原因菌はストレプトコッカス・ミュータンスという細菌です。これが口に残る糖質を分解し酸を作り出す。酸が歯のエナメル質をとかして虫歯になるのです。

砂糖を摂取しない民族には虫歯はないようです。15世紀にヨーロッパで砂糖が使われ始めて虫歯広がったようです。もちろん野生動物にも虫歯はない。

砂糖が入っているお菓子を食べた後はすぐに歯磨きか口をゆすぐなどすべきですね。口の中の細菌は糖質が好きだが特に砂糖(ショ糖)、次にブドウ糖が好きなようだ。だがキシリトールのように虫歯にならない糖類もあるのはご存知ですよね。

それから、酸によってエナメル質が溶けるということなので、酢や炭酸飲料、柑橘類などの酸が多い食品も虫歯を進める(酸蝕症)ので気をつけないといけないようです。

それでは、本題に戻りまして、世界の珍しい歯医者さんの画像集です、どうぞ。

■ハロー・キティの歯医者 ハーツデンタルクリニック(日本)

a98360_clinic_1-hello-kitty

 

■アートな歯医者

a98360_clinic_2

 

■口の中の歯医者

a98360_clinic_3

 

■自動車のサービスステーションのような歯医者

a98360_clinic_4-sinclair

 

■ベルリンのモダンで近未来的な歯医者

a98360_clinic_5-germany

 

■ルーマニアのロイヤルな歯医者

a98360_clinic_6-royal

 

「【歯科】世界の珍しいクールな歯医者さんの画像集」の続きを読む »

アート, オモシロ

今回は世にも珍しいウエディングドレスの話題です。

ウエディングドレスといえば世の女の子の憧れの衣装といえるでしょう。日本では1960年ごろから急速に広まって和装の花嫁衣裳を圧倒したみたいですね。まぁ、それはしょうがないことでしょう。

もともとはキリスト教の儀礼の衣装なので、肌の露出は極力避けられるデザインだったようです。なのでベールやグローブをしているんですね。現在では女性の美しさを際立たせることが重視されているので、さすがにスカートは長いですが(たまにミニなのもありますが!)胸元や肩は露出していることが多いですよね。

確かにウエディングドレスはかわいい。一生のうちで何度も着る人もいるみたいだけど(笑)基本的には1度きりの衣装でしょう。でも今はジミ婚する人たちも多く、ウエディングドレスでの撮影さえしないというカップルも少なくないようですね。

さて、それでは本題です。世にも珍しい世界のウエディングドレスの画像集です、どうぞ。

■紙製ウエディングドレス

a96983_4

 

 

 

■ホワイトチョコレート製ウエディングドレス

a96983_12.

 

 

■体にペイントされたウエディングドレス

a96983_32

 

 

■ハローキティのウエディングドレス

a96983_64

 

 

■シュークリームのウエディングドレス

a96983_74

 

 

■トイレットペーパーのウエディングドレス

a96983_85

 

 

■ゴシックなウエディングドレス

a96983_103

 

「世界の珍しいウエディングドレスの画像集【12選】」の続きを読む »

アート, オモシロ

今回はアカエイの大群が海面にチェック柄みたいに広がっている画像をご紹介します。

メキシコ湾に現れたエイの大群。日本近海や東南アジアに分布するお馴染みのアカエイの仲間でしょう。英語ではスティングレイといいます。ベーシストには聞き覚えのある名前ですよね。ミュージックマンのスティングレイはいいベースだみたいな・・・。

スティングレイとは毒針の尻尾があるエイの総称だとのことです。毒があっても日本やアジアの国々では食用で出回っているようです。私はエイヒレくらいしか食べたことありませんが、西日本や北海道ではわりと食べられているようですね。から揚げや煮つけ、湯通し、はたまた刺身まで。

韓国には世界一くさい料理の一つといわれている「ホンフェ」や「ホンタク」はエイを発酵させた食べ物だということです。すごいアンモニア臭だとのこと。

それはさておき、アカエイの大群がチェック柄のようになって移動している画像集をどうぞ。

sea_cat_s

sea_cat1_s

sea_cat2_s
「アカエイの大群が広がってチェック柄になってる画像集」の続きを読む »

オモシロ, 世界びっくり, 生物