法律事務所

世界びっくりの記事一覧

今回は世界一大きな観覧車TOP10の話題です。

高所からの眺望を楽しめる観覧車。しかしゴンドラが周るしゆれるし怖いので高所恐怖症の人には厳しいですよね。中国には安全が確認されないため人は乗れないけど動いている大観覧車があるそうです。そう、観覧車は建築物としてランドマークになるという側面もありますね。

さて、そんな観覧車ですが90年代まで、日本が観覧車の大きさで世界一の記録を更新しまくっていたようなんです。バブルのイケイケ感が伝わってくるエピソードですが、大観覧車はインパクトがあるので高い建築技術をはじめとした国力みたいなものを世界にアピールするためにもいいかもしれませんよね。

というわけで、現在大観覧車を作りまくっている国はというとどこでしょうか?そうです、中国なんですね。中国は観覧車だけでなく、どデカイものを近年は作りまくっているイメージがありますね。どデカイ=成金の象徴見たいな感じがしますが・・・。それからやっぱりUAEのドバイで現在世界最大の観覧車が建設途中だとか。なんだかわかりやすいことになってますね(笑)。あれほど作られていた日本での大観覧車の建設は過去15年くらい無いみたいですね。大人になったんでしょうかね。

それでは、世界最大の観覧車トップ10をごらんください、どうぞ。

10.パレットタウン大観覧車 (高115m、径100m) お台場

f_p1

 

9.ダイヤと花の大観覧車」(高117m、径111m) 葛西臨海公園

wheels10_s

営業終了.「Sky Dream Fukuoka」(高120m、径112m)福岡市 2009年まで

wheels09_s

 4.鄭州フェリスホイール 120メートル 中国 広東省広州市

wheels08_s

 4.長沙観覧車 120メートル 中国 長沙市

wheels07_s

「世界で一番大きい観覧車トップ10【世界最大】」の続きを読む »

デザイン アート, 世界びっくり

今回はかつて世界で一番有名だった刑務所「アルカトラズ」の画像集です。

アルカトラズ島はカリフォルニア州サンフランシスコ湾に浮かぶ小さな島である。1934年から1963年までアメリカ連邦刑務所があった島である。四方を海に囲まれた弧島にはアメリカ各地からの凶悪犯が収容された。

史上最も有名なギャングのアル・カポネ、密造酒や強盗、誘拐犯のマシンガン・ケリー”ジョージ・バーンズ、刑務所内での小鳥の研究で国際的な権威となったロバート・フランクリン・ストラウドなどの有名な犯罪者が収容されていた。

アルカトラズで刑務所では14回の脱獄事件が発生した。1962年、フランク・モリスとアングリン兄弟の脱獄はクリント・イーストウッド主演の『アルカトラズからの脱出』で描かれた。手製のドリルで換気口やパイプをつたって脱獄し海を泳いで島から脱出した。

現在、アルカトラズ島は歴史地区として観光客に一般公開されている。刑務所内はオーディオガイドを聞きながら博物館のように見て回れる。

さて、それでは世界で最も有名なアルカトラズ刑務所の現在の画像集です、どうぞ。

024_s 26_s 27_s 28_s 29_s 30_s 034_s 36_s 37_s 38_s
「世界で最も有名な刑務所『アルカトラズ』の現在の画像集」の続きを読む »

トラベル/リゾート, 世界びっくり

今回は世界一小さい国家TOP10という話題です。

世界にはミニ国家といわれる非常に国土の小さい国々がある。それはどういった国々なのか見てみましょうということです。

その前に、逆に世界で一番大きな国を見ると、1位はご存知ロシア1710万㎢です。2位はカナダで998万㎢、3位アメリカ、4位中国ですね。カナダから中国までは大きな開きはありません。

日本の面積は約38万㎢で世界62位である。しかし領海および排他的経済水域の総面積は477万㎢で世界6位となる(国土とあわせると9位になる)。世界の国(と地域)232国中、国土面積が62位なので日本は狭い国というわけではありませんが、ロシアやアメリカと比べるとやはり小さいですよね。

ただし、ヨーロッパ諸国と比べると、日本より大きい国はフランス、スペイン、スウェーデンの3国のみである。

それでは、世界で最も小さい国々TOP10はどのくらいの大きさなのか見ていきましょう

ちなみに、東京23区全体で623km²、ディズニーランドは0.5㎢です。

10.セーシェル 455㎢

アフリカ大陸の西側、インド洋に浮かぶ島々からなる国家。アフリカ最小の国だが観光大国でアフリカで最も裕福な国の一つ。

0914_s

9.モルディブ 300㎢

インドの南西に浮かぶ島国。近年まで開発途上国であったがリゾート開発に力を入れ現在は、その指定は解除されている。セレブに人気のリゾート地である。

1019_s

8.セントクリストファー・ネイビス 261㎢

西インド諸島で最小の島国。独立も30年前と新しい国家。観光業と電気機械の組み立て業が盛んである。

0113_s

7.マーシャル諸島 181㎢

太平洋に浮かぶマーシャル諸島全域を領土とする島国。かつては日本、続いてアメリカに占領されていた。ビキニ環礁は水爆実験で有名となる。

0815_s

6.リヒテンシュタイン 160㎢

スイスとオーストリアにはさまれた小国家。リヒテンシュタイン家が君主であり元首。ヨーロッパ最後の絶対君主国である。精密機械、観光、国際金融などの分野が盛んで世界で最も裕福な国の一つ。税金も非常に少ない。

0713_s

5.サンマリノ 61㎢

イタリア半島の中東部に位置する国家。世界最古の共和制国家である。古代ローマ時代、迫害を逃れたキリスト教徒が聖マリーノを中心として建国した。以後その意義がローマ教皇に認められ独立を維持し現在に至る。

0615_s
「世界で一番小さい国は?世界のミニ国家TOP10」の続きを読む »

トラベル/リゾート, 世界びっくり

今回は世界で最も眺めのいいレストラン10選のご紹介です。

眺めが良くしかも高級なレストラン。なんともロマンチックですねよね。そんなところで時間もお金も気にせずゆったりとした食事をしてみたいですよ、まったく。

高級なレストランというとやはり西洋料理、特にフランス料理を私たちは思い浮かべるでしょう。そうです、実際も高級なレストランとはほぼ間違いなくフランス料理のレストランのことなんですよね。各国の外交儀礼時の正餐にはだいたいフランス料理が採用されています。

さて、そんなフランス料理ですが意外とその成り立ちについては知られていませんよね。フランス料理は実はイタリアから持ち込まれた料理だということを知ってますでしょうか?

16世紀、カトリーヌ・ド・メディシスがイタリアからフランス王家に、アンリ2世の王妃として迎え入れられました。カトリーヌはフィレンツェの富豪一族、メディチ家の娘でした。イタリアのルネサンス芸術家のパトロンでもあり、公国の君主になった一族ですね。当時ヨーロッパ随一の文化を担っていたメディチ家の娘カトリーヌがフランスの王妃となったときに、フィレンツェから色々な文化が輸入され、その中の一つが料理だったわけなんですね。

それまでのフランス料理は非常に粗野なもので、大皿に焼いた食材を載せ、手づかみで食べるというものでした。ナイフもフォークも使っていなかったなんて信じられますか?カトリーヌ・ド・メディシスがフランスに来なければフランス料理も芸術の都もあったもんじゃない、という状況だったかもしれません。それが16世紀という近代に入ってからのことだとは、びっくりです。

さて、フランス料理の成り立ちについて触れたところで本題にはいります。世界で最も眺めのいいレストラン10選のご紹介です、どうぞ。

 

■「BREEZE ブリーズ」インドネシア バリ島 ホテル・サマヤ

Restaurants01_s

■「ホテル・ストラトスフィアー」 アメリカ ラスベガス

Restaurants02_s

 ■「ストロフィ」 ギリシア アテネ

Restaurants03_s

 ■「ザ・ロック」 タンザニア ザンジバル

Restaurants04_s

■ 「シエラマール」 アメリカ カリフォルニア ビッグサー

Restaurants05_s
「【ロマンチック】世界で最も眺めのいいレストラン10選」の続きを読む »

トラベル/リゾート, 世界びっくり

今回は自由シリア軍の手作り兵器が撮影されたという話題です。

自由シリア軍とは2011年から続くシリア政府と反政府軍によるシリア内戦において、反政府軍の中心となっている組織である。自由シリア軍はシリア軍から離反した兵によって組織されたのだが、当初は穏健な組織といわれていた。しかし現在はまったくそんなことはない過激派であるということが戦場ジャーナリストの活躍(あるいは誘拐の事実)によって露呈されている。

また、自由シリア軍は世界の報道において政府の弾圧に立ち上がった、いわば正義の軍として紹介されることが多かった。反米のシリア政府は悪だという構図である。現政府を打倒して、操りやすい親米政府を樹立したい欧米諸国は偏った報道をしていると現在は見られている。

自由シリア軍側からの報道が多かったのはそのためで、今回の画像もその一つかもしれない。手作りの兵器で政府の強力な軍と戦っているという・・・。ジャーナリストに写真を撮らせる理由とは、世界の同情をかうため以外には考えられない。そして米軍あるいは国連軍の応援を得るためである。

趨勢において不利となるような証拠写真や映像をジャーナリストに撮られそうものなら、直ちに誘拐が行われるという。実際シリアでのジャーナリストの誘拐は2012年の7月以来、少なくとも40人以上にのぼっているという。犯人は政府軍、反政府軍の両方である。

近頃、自由シリア軍に対してかつて盟友であったアルカイダ系のグループが戦闘行動開始を宣言した。混沌とした中東情勢を世界へ「正確に」伝えるジャーナリストの役割はますます大きなものになっているといえるでしょう。ただそれは物凄い危険をはらんでいるのです。

それでは本題に戻って、自由シリア軍の手作りの武器画像集を見てみましょう、どうぞ。

0000001bbbbbbbbb_s 0000002bbbbbbbbb_s 0000003bbbbbbbbb_s 0000004bbbbbbbbb_s 0000005bbbbbbbbb_s 0000006bbbbbbbbb_s 0000007bbbbbbbbb_s 0000008bbbbbbbbb_s

「自由シリア軍が製造する手作りの武器の画像集」の続きを読む »

世界びっくり