法律事務所

トラベル/リゾートの記事一覧

1019_s

今回は世界一小さい国家TOP10という話題です。

世界にはミニ国家といわれる非常に国土の小さい国々がある。それはどういった国々なのか見てみましょうということです。

その前に、逆に世界で一番大きな国を見ると、1位はご存知ロシア1710万㎢です。2位はカナダで998万㎢、3位アメリカ、4位中国ですね。カナダから中国までは大きな開きはありません。

日本の面積は約38万㎢で世界62位である。しかし領海および排他的経済水域の総面積は477万㎢で世界6位となる(国土とあわせると9位になる)。世界の国(と地域)232国中、国土面積が62位なので日本は狭い国というわけではありませんが、ロシアやアメリカと比べるとやはり小さいですよね。

ただし、ヨーロッパ諸国と比べると、日本より大きい国はフランス、スペイン、スウェーデンの3国のみである。

それでは、世界で最も小さい国々TOP10はどのくらいの大きさなのか見ていきましょう

ちなみに、東京23区全体で623km²、ディズニーランドは0.5㎢です。

10.セーシェル 455㎢

アフリカ大陸の西側、インド洋に浮かぶ島々からなる国家。アフリカ最小の国だが観光大国でアフリカで最も裕福な国の一つ。

0914_s

9.モルディブ 300㎢

インドの南西に浮かぶ島国。近年まで開発途上国であったがリゾート開発に力を入れ現在は、その指定は解除されている。セレブに人気のリゾート地である。

1019_s

8.セントクリストファー・ネイビス 261㎢

西インド諸島で最小の島国。独立も30年前と新しい国家。観光業と電気機械の組み立て業が盛んである。

0113_s

7.マーシャル諸島 181㎢

太平洋に浮かぶマーシャル諸島全域を領土とする島国。かつては日本、続いてアメリカに占領されていた。ビキニ環礁は水爆実験で有名となる。

0815_s

6.リヒテンシュタイン 160㎢

スイスとオーストリアにはさまれた小国家。リヒテンシュタイン家が君主であり元首。ヨーロッパ最後の絶対君主国である。精密機械、観光、国際金融などの分野が盛んで世界で最も裕福な国の一つ。税金も非常に少ない。

0713_s

5.サンマリノ 61㎢

イタリア半島の中東部に位置する国家。世界最古の共和制国家である。古代ローマ時代、迫害を逃れたキリスト教徒が聖マリーノを中心として建国した。以後その意義がローマ教皇に認められ独立を維持し現在に至る。

0615_s
「世界で一番小さい国は?世界のミニ国家TOP10」の続きを読む »

トラベル/リゾート, 世界びっくり

Restaurants08_s

今回は世界で最も眺めのいいレストラン10選のご紹介です。

眺めが良くしかも高級なレストラン。なんともロマンチックですねよね。そんなところで時間もお金も気にせずゆったりとした食事をしてみたいですよ、まったく。

高級なレストランというとやはり西洋料理、特にフランス料理を私たちは思い浮かべるでしょう。そうです、実際も高級なレストランとはほぼ間違いなくフランス料理のレストランのことなんですよね。各国の外交儀礼時の正餐にはだいたいフランス料理が採用されています。

さて、そんなフランス料理ですが意外とその成り立ちについては知られていませんよね。フランス料理は実はイタリアから持ち込まれた料理だということを知ってますでしょうか?

16世紀、カトリーヌ・ド・メディシスがイタリアからフランス王家に、アンリ2世の王妃として迎え入れられました。カトリーヌはフィレンツェの富豪一族、メディチ家の娘でした。イタリアのルネサンス芸術家のパトロンでもあり、公国の君主になった一族ですね。当時ヨーロッパ随一の文化を担っていたメディチ家の娘カトリーヌがフランスの王妃となったときに、フィレンツェから色々な文化が輸入され、その中の一つが料理だったわけなんですね。

それまでのフランス料理は非常に粗野なもので、大皿に焼いた食材を載せ、手づかみで食べるというものでした。ナイフもフォークも使っていなかったなんて信じられますか?カトリーヌ・ド・メディシスがフランスに来なければフランス料理も芸術の都もあったもんじゃない、という状況だったかもしれません。それが16世紀という近代に入ってからのことだとは、びっくりです。

さて、フランス料理の成り立ちについて触れたところで本題にはいります。世界で最も眺めのいいレストラン10選のご紹介です、どうぞ。

 

■「BREEZE ブリーズ」インドネシア バリ島 ホテル・サマヤ

Restaurants01_s

■「ホテル・ストラトスフィアー」 アメリカ ラスベガス

Restaurants02_s

 ■「ストロフィ」 ギリシア アテネ

Restaurants03_s

 ■「ザ・ロック」 タンザニア ザンジバル

Restaurants04_s

■ 「シエラマール」 アメリカ カリフォルニア ビッグサー

Restaurants05_s
「【ロマンチック】世界で最も眺めのいいレストラン10選」の続きを読む »

トラベル/リゾート, 世界びっくり

105_s

今回は世界36カ国のキャビンアテンダントの画像集です。

女性が勤める職種の中で最も華やかな仕事「キャビンアテンダント」。以前はスチュワーデス、俗語ではスッチーといっていましたが今は言わないのでしょうか?客室乗務員というとなんだか硬いですし、かといってキャビンアテンダントって和製英語らしいので何か嫌ですね。

アメリカではフライトアテンダントというようです。でも、スチュワーデスが一番しっくりくるなー。いわゆるポリティカル・コレクトレス‐男女の差別をなくした呼称にすること‐によってスチュワーデスは全日空では禁止となったようなのです。

たとえば、消防士は英語でファイアーマンでしたが現在は、「ファイアーファイター」に警察官はポリスマンではなく「ポリスオフィサー」になっているとのこと。

話題がそれてしまいましたが、本題です。

世界36カ国のキャビンアテンダントの画像集です、どうぞ。

■エミレーツ航空 : アラブ首長国連邦‐ドバイ

01_1_s

 

■エティハド航空 : アラブ首長国連邦‐アブダビ

01_2_s

 

■大韓航空 : 韓国

03_1_s

 

■ティーウェイ航空 : 韓国

03_2_s

 

■ルフトハンザドイツ航空 : ドイツ‐ケルン

18_1_s

 

■ルフトハンザ航空

18_2_s

 

■エアベルリン : ドイツ‐ベルリン

18_3_s
「【スッチー】世界36カ国のキャビンアテンダントの画像集」の続きを読む »

デザイン アート, トラベル/リゾート

school02_s

今回は世界25カ国の小学校、小学生の画像集です。

誰もが感じることだと思いますが、小学生の6年間の体感時間ってものすごく長いですよね。もっといえば1日1日も長い。何であんなに長く感じたかといえば多感な時期だったから、1日1日が濃すぎて、振り返ると長く感じるのでしょうね。年を重ねると日々の好奇心や驚きが少なくなって、平坦な1日が繰り返されているように感じる。振り返っても小学生のときと比べて薄っぺらい。

現代の小学生もやっぱり同じで、1日が長く濃密に感じていることでしょう。ただ以前と違うこともいくつかあるようです。まず名札を廃止する学校が増えているとのこと。これは児童への犯罪を予防するためのようです。

それからランドセル。男子が黒、女子が赤という色分けが明確ではなくなってきているとのこと。いろんな色のランドセルは以前からあることはありましたが、昔はめったに黒赤以外の子を見ませんでしたよね。今は黒赤以外も売れているようですね。

ちなみにランドセルは陸軍の背嚢(はいのう)と呼ばれていたリュックサックが元になっています。よく使われていたのがオランダから持ち込まれた「ランセル」という背嚢だった。大正天皇が小学校に入学した際、伊藤博文が通学鞄としてこのランセルをプレゼントしたのが広まり、ランドセル(ランセルが訛った)が小学校の通学鞄となった。でも別に決まってないんですよね、本当はなんでもいいようです。

さて、豆知識はほどほどにそれでは本題です。世界25カ国の小学生の画像集です、どうぞ。

■パレスチナ ガザ地区

school01_s

 

■スイス

school02_s

 

■インドのイスラム教徒

school03_s

 

■香港

school04_s

 

■ケニア

school05_s

 

■グアテマラ

school06_s

 

■日本

school07_s

「世界25カ国の小学生・小学校の画像集」の続きを読む »

オモシロ, トラベル/リゾート

Coffee16_s

今回は世界の朝のコーヒーを見比べてみようという話題です。

朝にコーヒーの香りをかいで目覚めるのは最高の気分ですよね。ってそんなことはめったにないんですけど、誰も淹れてくれないので(笑)とにかく香りの良いコーヒーを呑んで目が冴えるっていうのは気分の良いことで、いつもそうしたいんですよね。

でもドリップするのは面倒だし、熱いと飲むのに時間がかかってしまうからアイスコーヒーで済ませてしまうことが多々あるのですが、やはりアイスコーヒーは香りが立たないのでよくはないですね。アイスコーヒーは実際、フランスやイギリスを始めとした西欧やアメリカでは近年になるまでほとんど普及していなかった。

1990年代にスターバックスが出来たことにより一般的になったのである。これはけっこう衝撃的な事実ですよね。日本ではずっとアイスコーヒーが当たり前なのに。確かにコーヒーはホットの方が風味が良いのは間違いないし、アイスコーヒーは氷で薄まっていくので余計味が落ちる。でも、夏場のアイスコーヒーはスッキリした苦味が心地よいんですよね。

これから紹介する画像を見ると、やはり良い豆のコーヒーを朝に飲みたいと思うでしょう。

それでは、世界の朝のコーヒーを見比べてみる画像集です、どうぞ。

■ギリシャ

Coffee01_s

■フランス

Coffee02_s

■フロリダ

Coffee03_s

■エジプト

Coffee04_s

■スウェーデン

Coffee05_s

■日本

Coffee06_s
「【画像集】世界各国のモーニングコーヒーを見比べてみた」の続きを読む »

トラベル/リゾート