法律事務所

世界びっくりの記事一覧

今回は坊主あるいはスキンヘッドになったハリウッド女優という話題です。

映画の役柄において、尼僧や兵士、あるいは何かの罰として女性が坊主頭になることがありますよね。AKBの峯岸さんとはまるで違った様相であることは当然として(笑)、そんな時ってだいたいその女優さんの迫真の演技を垣間見ることになりますよね。

女性は髪が命とはよく言ったもので、一般の女性が坊主頭にさせられた日には当分の間は寝込んでしまうことになるでしょう。でも女優さんに限っては、役者魂を発揮して躊躇なく坊主頭にもなってしまうのですよね。何かすごい名演が見られるんじゃないかとか話題にもなりますしね。

それでは本題に戻りまして、映画の役柄上あるいは何かの理由で坊主頭になったことのあるハリウッド女優の画像集です、どうぞ。

 

■ナタリー・ポートマン
『Vフォー・ヴェンデッタ』にて坊主に刈られるシーンは失敗できない一発本番

Natalie-PortmanNatalie-Portman-Bald[1]

 

■アン・ハサウェイ
『レ・ミゼラブル』にて坊主に
アカデミー助演助優勝獲得
passengers1[1] o0510034012341054930[1]

 

■ブリトニー・スピアーズ
離婚調停中に精神を病み奇行に走ったといわれている

Britney-Spears[1] Britney-Spears-Bald[1]

 

■デミ・ムーア
『G.I.ジェーン』にて坊主に
Demi-Moore1[1] Bald-Demi-Moore1[1]

 

■エレン・ペイジ
『Mouth to Mouth』16歳の頃出演したインディペンデント映画にてすでに体当たり演技を披露している。
E382A8E383ACE383B3E3839AE382A4E382B8[1] Ellen-Page-bald[1]

 

■ヒラリー・スワンク
『ボーイズ・ドント・クライ』にて
坊主ではないが刈り上げの少年役(性同一性障害)でアカデミー主演女優賞を獲得
N0011001_l[1] 160117_001[1]

 

■シャーリーズ・セロン
『マッドマックス4』の役作りのため
296791_450628398320214_901133586_n[1] Charlize_Theron-Hollywood-December_15th-2012[1]

 

「【役者魂】坊主になったハリウッド女優たち【スキンヘッド】」の続きを読む »

オモシロ, 世界びっくり

今回はスイスの私鉄レーティッシュ鉄道が運行する『アルブラ線・ベルニナ線』のご紹介です。この鉄道は周辺の景観とともに世界遺産登録されているめずらしい鉄道です。

スイスアルプスを北から南に縦断する景観が見事な鉄道なので、自然遺産に登録されたのだろうと思ったら、そうではなく、20世紀初頭における技術的到達の優れた例証などとして鉄道自体が文化遺産として2008年に登録されたのでした。

鉄道が世界遺産っていうのは意外でしたが他にもオーストリアのゼメリング鉄道、インドの山岳鉄道群という2つがあるようです。いずれも山岳部を走る鉄道で、100年以上前に建築された鉄道であり、歴史的に重要な建築様式、技術力を例証するものとして世界遺産に登録されているんですね。

100年以上前、当時やはり鉄道というのは画期的で重要な発明だったと思いますが、山岳部まで走ってしまうというのは壮観だったでしょう。当時のさまざまな技術が集結されて建設にあたっていたようです。鉄の重い列車が鉄のレールの上を走り急勾配を駆け上がっていくというのはどれだけすごいことか。

アルブラ線・ベルニナ線はラック式という歯車タイプのレールに頼らず通常タイプの鉄道で最高70‰という急勾配を走行する。これは箱根登山鉄道の見本となったようです。オープンループ(螺旋階段的なこと)やヘアピンカーブを多用することでラック式などではない通常の鉄道が山岳地帯を長距離にわたって走行するわけで、景観もそれは見事というほかない。

それではレーティッシュ鉄道が運行する『アルブラ線・ベルニナ線』(世界遺産)の画像集です、どうぞ。

rhaetian-railway-albula-bernina-glacier-express-bernina-express-unesco-1[1] rhaetian-railway-albula-bernina-glacier-express-bernina-express-unesco-2[1] rhaetian-railway-albula-bernina-glacier-express-bernina-express-unesco-5[1] rhaetian-railway-albula-bernina-glacier-express-bernina-express-unesco-7[1] rhaetian-railway-albula-bernina-glacier-express-bernina-express-unesco-8[1] rhaetian-railway-albula-bernina-glacier-express-bernina-express-unesco-9[1]
「【世界遺産】スイスアルプスを縦断する『アルブラ線/ベルニナ線』の画像集【レーティッシュ鉄道】」の続きを読む »

デザイン アート, トラベル/リゾート, 世界びっくり

今回はビルボード史上もっとも人気の高いアーティストのランキングトップ10です。

ビルボードはアメリカで最も影響力のある音楽ヒットチャートの雑誌。日本でいうオリコンですね。ビルボード誌の歴史は古く、1894年に創刊されたとのことです・・・えっ?1894年に音楽チャート??そのころってまだ、商業用レコードもラジオも無いはずじゃ?

そうなんですよ、ビルボードはもともと音楽雑誌ではなく、サーカスや移動式遊園地(日本ではあまりなじみが無いがヨーロッパでは現在も多く見られる)の情報を扱っていた雑誌でした。「ビルボード」というのはサーカスの巡業日程を貼り付ける掲示板のことなんですね。

さて、ビルボードは次第に音楽情報を取り扱うようになっていき、1940年にジュークボックスの人気曲を独自の統計で割り出したヒットチャートを掲載しました。1958年にはシングルレコードの売り上げやラジオのリクエストをもとにホット100という100曲の人気ランキングを掲載しました。

1950年代に誕生した「ロック」が徐々に絶大な人気を博すようになり、音楽は若者を中心とした大衆的な文化として完全に移行した時期といえるでしょう。クラシックや伝統音楽とはちがうポップミュージックの誕生ですね。

それでは、アメリカの音楽誌「ビルボード」史上の人気ランキングトップ10をご紹介します、どうぞ。

10.ジャネットジャクソン

ご存知マイケルジャクソンの妹。That’s The Way Love Goes (1993年、8週連続)

janet-jackson-1_s

 

9.スティービーワンダー

盲目の天才ミュージシャン。『キー・オブ・ライフ (Songs in the Key of Life) 』1976年 全米アルバムチャート14週1位

0912_s

 

8.ホイットニー・ヒューストン

昨年突然の死が報じられた。「オールウェイズ・ラヴ・ユー」1992年 全米シングルチャートで14週連続No.1

0812_s

 

7.リアーナ

5つの1位獲得シングルを持ち、2000年代以内で最も多くの1位を獲得した女性アーティスト

rihanna_s

 

6.マドンナ

ポップスの女王の異名を持つ。シングルとアルバムの全世界での総セールスは、女性アーティスト最高の3億枚以上を記録

madonna_s

「【トップ10】米音楽誌ビルボードの史上最も人気のアーティストランキング」の続きを読む »

世界びっくり

今回は信じられないくらいカラフルなトウモロコシの話題です。

このカラフルなコーンは「グラスジェムコーン」という名前。「グラス」?あ、やっぱりガラス製の作り物だよねー・・・ってそりゃ思いますよ。なかなか信じることはできません。このグラスジェムコーンは本当に食べられるコーンなんですって。

ある人がいろんな品種のトウモロコシを掛け合わせて作り出したとか。そう、トウモロコシは黄色いものだけじゃなく、白や茶色や黒や紫などいろんな色の品種があるようで、それを長い年月をかけて掛け合わせていった結果、こんなにカラフルなトウモロコシが出来上がったんですね。遺伝子組み換えとかではないようですよ。

味はゆでて食べるよりポップコーン向きのトウモロコシみたいです。トウモロコシって米や麦とならんで世界三大穀物のひとつだといいますが、あまり普段そのかたちのまま食べませんよね。ポップコーンも映画館ぐらいだし、とんがりコーンとかコーンフレークみたいな加工したスナック的なものが多いでしょうか。外だとメキシコ人の主食で、コーンから作られるトルティーヤという薄く焼いたたべものがありますね。あとはアフリカでは練ってウガリという主食とされているようです。

でもやっぱり、トウモロコシは家畜の飼料となる割合が世界の全収穫の60%以上だとのことです。ちなみに日本は世界一トウモロコシを輸入している国だとのこと。

それでは、本題に戻って信じられないくらいカラフルなトウモロコシの画像集です、どうぞ。

glass-gem-corn-rainbow-colored-1_s

glass-gem-corn-rainbow-colored-2_s

glass-gem-corn-rainbow-colored-3_s

glass-gem-corn-rainbow-colored-4_s
「信じられないほどカラフルなトウモロコシ【グラスジェムコーン】」の続きを読む »

オモシロ, 世界びっくり, 動物 生物

今回は世界の諜報(情報)機関のトップ10ランキングという話題です。

諜報活動とは政治や治安、経済や軍事上の目的などのために、相手国や対象組織の情報を収集する活動なので、情報機関はいろんなジャンルごとに各国にいくつも存在するので、特に対外諜報機関のランキングとなっています。

いわゆるスパイのことですね。日本でそれにあたるのは公安警察か公安調査庁か内閣情報調査室(CIRO サイロ)そして防衛省情報本部(DIH)であろう。しかし海外の諜報機関に比べて規模が格段に小さい(実際の規模は秘匿されているとも)。また特殊工作(暗殺や破壊工作など)は行っていないとされる。

第二次大戦までは陸軍中野学校が著名である。諜報活動の専門学校であった。現在日本にはスパイ活動を取り締まる法律すらなく、特定秘密保護法という法案の成立が目指されている。それによって新しい組織が作られるか、DIHの規模や活動を拡大させるかといった動きがありそうだ。

それでは、世界の対外諜報機関のランキング、トップ10をご紹介します、どうぞ。

 

10.オーストラリア ASIS エイサス

オーストラリア・シークレット・インテリジェンス・サービス。対外情報の収集、分析、諜報・防諜活動(スパイ活動)を担っている。主にアジア・太平洋地域にエージェントを駐留させさまざまな情報を集めている。国内の防諜組織としてASIO(エイジオ)があり、こちらの方が知名度は高い。

australian-ASIS-600x479_s

 

9.インド RAW

リサーチ・アンド・アナリシス・ウイング。インドにもいくつかの情報機関があるがRAWが最強の特務機関と言われている。その機構、編成、予算、定員は、国家秘密であり議会からも秘匿されている。対外情報機関であるがその主な敵はパキスタンであろう。パキスタン国内に3万5千人のエージェントが送り込まれているといわれている。

indian-raw-600x391_s

 

8.フランス DGSE 対外治安総局

Direction Générale de la Sécurité Extérieure。フランスの対外諜報・情報機関である。1985年、フランスの核実験に抗議するグリーンピース(環境保護NGO)の帆船レインボー・ウォーリア号を爆破した事件はDGSEによるものといわれている。

french_dgse-600x380_s

 

7.ロシア FSB ロシア連邦保安庁

冷戦時代にアメリカCIAと双璧をなす最強の諜報機関であったKGBは世界的に有名である。そのKGBがソ連崩壊とともに解体されFSBに権限が移行された。もとKGBの諜報員で現ロシア大統領のウラジミール・プーチンは第4代FSB長官である。KGBのような伝説的な事柄はまだほとんど知られていないが、おそらくその能力は物凄いものであろう。

russia-fsb-600x479_s

 

6.ドイツ BDN ドイツ連邦情報局

1955年、第二次世界大戦中の対ソ情報機関であるゲーレン機関を基に創設された。7000人を超える職員がおり2000人が国外に派遣され諜報情報活動に従事している。その情報収集能力をはじめとした総合的な実力は今やCIAをしのぐともいわれており、アメリカの情報局はことあるごとにBDWに情報提供を求めるようだ。

german-bnd-600x479_s

「【スパイ】世界の対外諜報機関ランキング【トップ10】」の続きを読む »

世界びっくり