法律事務所

デザイン アートの記事一覧

海外サイトで『世界で最も有名な絵画』という記事があったので調べてみました。

調べるまでもなく、それらはすべて西洋の絵画であろうということは想像できますよね。かつて印象派の巨匠たちが日本の浮世絵に影響を受けたという歴史的な場面はありましたが、それも西洋の美術史の歴史という土台があってその差異として、日本の浮世絵が価値として発見されたということだと思います。

なのでその価値は西洋の美術史の発展という文脈に依存した価値ということになるでしょう。

ルネサンス期からの近代絵画の文脈を知っていてこそその価値を正確に感じることが出来るのでしょうが、僕にはそれを解説する教養はありませんのであしからず。

それでは見ていきましょう。

『世界で最も有名な絵画トップ10』です。

 

10位:ヴィーナスの誕生(Birth of Venus)1486年 ボッティチェルリ

ルネッサンス期のイタリアの画家サンドロ・ボッティチェッリの作品で、キャンバス地に描かれたテンペラ画である。縦172.5cm、幅278.5cmの大作で、現在、フィレンツェのウフィッツィ美術館が所蔵し、展示している。
この絵は、ギリシア神話で語られている通り、女神ヴィーナス(アプロディーテー)が、成熟した大人の女性として、海より誕生し出現した様を描いている。現在も広告宣伝や映画など、ポップカルチャーにおいて大量の『ヴィーナスの誕生』の複製や改変が作成されている。

9位:夜警(The Night Watch)1642年 レンブラント

オランダの17世紀の画家レンブラント・ファン・レインによる絵画作品の通称。この作品は18世紀以降この通称で呼ばれているが、より適切な題名は『フランス・バニング・コック隊長とウィレム・ファン・ラウテンブルフ副隊長の市民隊』である。現在はアムステルダムの国立美術館に展示されており、レンブラントおよびオランダ黄金時代の絵画の代表作とされている。キアロスクーロ(明暗法)を用いて群像にドラマチックな表情を与えた。強い日光が斜め上から差し込み影を作ることで、レンブラントは群像の中から3人の主要人物、すなわち中央の隊長と副隊長、そして中央左奥の少女を浮かび上がらせている。

8位 睡蓮(Water Lilies)1916年 クロード・モネ

『睡蓮』はモネが描いた一連の絵画の総称。印象派を代表する人物とされるモネの代表作のひとつである。『睡蓮』の作品自体200点以上もあるため、個々の作品の市場評価はさまざまだが、2014年5月にニューヨークのオークションに出品された作品は、2,400万ドルの値で落札された。

 

7位:真珠の耳飾の少女(A Girl with Pearl Earring)1665年 フェルメール

オランダの画家フェルメールの代表作の一つ。『青いターバンの少女』と呼ばれることもある。また『オランダのモナ・リザ』と称されることも。フェルメールは生前評価されておらず、この絵の所有者も転々とした。1881年にハーグのオークションにてわずかおよそ1万円で購入され、その後マウリッツハイス美術館に寄贈され、以後ここに所蔵されている。現在取引きされるなら、その価格は100億円とも150億円とも言われる。

 




「【トップ10】世界で最も有名な絵画【フェルメール/ダビンチ/レンブラント】」の続きを読む »

デザイン アート, 世界びっくり

今回は写真なのか絵なのか、もはや判別が不可能な「モーガン・フリーマン」の話題です。

さっそく見てもらいますが、下の画像は写真ではなくて絵です。

kyle-lambert-morgan-freeman-photorealistic-ipad-painting[1]

近年ハイパー・リアルな絵画が世界中の多くのアーティストによって描かれているのはご存知かと思います。しかし、ここまで来たか、という感じがしませんか。もうホントに写真との判別は不可能といえるでしょう。

この「モーガン・フリーマン」は実はiPadに描かれているのです、しかも指先だけによって。

kyle-lambert-morgan-freeman-ipad-finger-painting[1]

描いたのはカイル・ランバートいうイギリスのアーティスト。200時間でこの絵を完成させたようです。その模様は最後にある動画で確認してみてください。

肌の脂ぎった質感が驚異的ですよね。しかしここまで写真と変らないとすれば、有名人の何というか、ありえない場面なんかを欲して描く人(あるいは依頼する人)とかもいそうですよね。犯罪に利用されたりとかもしそうな気がします。何か怖ろしくなってきました。

さてそれでは製作過程を見てみましょう。そして最後は動画をご覧下さい、どうぞ。

kyle-lambert-morgan-freeman-ipad-finger-painting-stage-1[1]

 

kyle-lambert-morgan-freeman-ipad-finger-painting-stage-2[1]

 

kyle-lambert-morgan-freeman-ipad-finger-painting-stage-3[1]

「【iPad】これは写真ではない、指先で描いた驚くべき絵画【ハイパーリアル】」の続きを読む »

デザイン アート, 世界びっくり

今回はあまりにも美しいベタの画像集です。

みなさんはベタという魚をご存知でしょうか?タイのメコン川原産のいわゆる熱帯魚で、アクアリストにはとても有名で人気のある小さな淡水魚です。

日本でいう金魚のような存在でしょうか。品種改良によって非常にきれいな発色と長い背びれや尾びれを有する品種が生まれました。正確にはベタの中でもベタ・スプレンデンスという種が観賞魚としてのベタのようです。

ベタはその美しさのほかにも二つの大きな特徴があります。

まず一つ目は、ファイティング・フィッシュという異名を持つ魚だということ。その名の通りオス同士を同じ水槽に入れると激しく戦う姿を見ることが出来ます。「闘魚」といってその闘いを鑑賞する遊戯があり、より強い品種が求められたのです。なのでベタは単独での飼育が勧めれていますが、大きめの水槽で隠れる場所をいくつか作れば混泳でも問題ないでしょう。

二つ目は、エラ呼吸のほかに空気呼吸ができること。水面に顔を出し直接空気から酸素をとリ入れることが出来るのです。なのでエアーポンプ無しに飼育することができ、小さなビンに少量の水を入れて飼っている人も多くいます。水質にも敏感ではなく飼うのが非常に容易いことでも人気があるといえるでしょう。

熱帯魚の飼育は普通、水槽やろ過フィルター、エアーやヒーターや照明、そして砂利などなどたくさんのアイテムを揃えなければなりませんが、ベタは熱帯魚ショップで手軽な値段(500円くらい)で買え、コップやビンに入れてすぐに飼える熱帯魚なのでした。それでいてこんなに優雅で美しい姿をしているのは驚きです。アクアリウムのビギナーにはもってこいの熱帯魚かもしれませんね。

さて、それでは本題に戻って、あまりにも美しいベタの画像集をご覧ください、どうぞ。

_64481386_bettano.5[1]

04836-Siamese-fighting-fish[1]

04839-Siamese-fighting-fish[1]

21190-Siamese-Fighting-Fish[1]

5465591_orig[1]

3352045928_d9c3392019[1]

1336944887493[1]
「【熱帯魚】あまりにも美しいベタの画像集【アクアリウム】」の続きを読む »

デザイン アート, 動物 生物

今回は信じられないほど鮮明で美しい雪の結晶の画像集です。

雪が美しい模様の結晶であることは良く知られている。空気中の塵を核として水蒸気が雪の結晶となるということも良く知られている。ではなぜ雪の結晶はあのように美しい形状をしているのか?どういった原理で形作られるのか?

実はそのことについての充分な説明は未だなされていないようなのです。はっきりいって意外でした。雪が美しい結晶であることは太古の時代から知られていることなのに、現在の発達したテクノロジーにおいてさえも解明されていないのでした。

ですが人工的に雪を作ることには成功しているようです。

えっ?そんなことは知っているって?

スキー場で雪が足りない時なんかは人工降雪機をつかって雪を降らせてるのを誰でも知っているって!?いやいやあれは雪のようなもので実際の雪とは似て非なるものなのです。事実、きれいな雪の結晶がまるで無い氷の粒なのですから。

ちゃんと結晶になっている人工の雪を世界ではじめてつくることに成功したのは、日本人の中谷宇吉郎という方だそうです。1936年に北海道大学で人工雪発生器を完成させた。ウサギの毛を核として作ったとのことです。中谷教授は「雪は天から送られた手紙」という言葉を残しています。

さて、それでは本題に戻ってあまりにも美しい雪の結晶の画像集です、どうぞ。 Alexey Kljatovというモスクワのカメラマンの写真だそうです。

6895872661_4fc4ac0c28_b[1]

 

8370539735_2022779412_c[1]

 

8417281600_0fdc30d923_c[1]

 

8437344761_6fc473ea2e_c[1]
「【鮮明】あまりにも美しい雪の結晶の画像10選【写真】」の続きを読む »

デザイン アート

今回はチェスの駒を擬人化したコスプレといいましょうか、チェスの駒を実際の人間で再現した画像集です。

ご存知チェスは日本でいう将棋に似たボードゲームで、日本では西欧将棋などといわれることもあるようです。チェスの起源は古代インドのチャトランガというゲームだといいます。それがペルシャに伝わり、さらにヨーロッパへと伝わって現在のかたちとなったようです。

チャトランガは中国に伝わってチャンチーとなり、日本では将棋となった。これらのゲームは皆インドのチャトランガが起源の従兄弟ゲームといえるでしょう。

さて、チェスは欧米ではメジャーなゲームですが、日本ではどのくらいの競技人口がいるのでしょうか?というより単純にチェスのルールを知っている人って将棋に比べてどのくらいの割合なんでしょうね。意外と多くない気がしますよね。

チェスは将棋ととても似ていますし、動かす駒が16駒と少ない(将棋は20駒)しルールも将棋より易しいので覚えやすく手軽な気がします。大きな違いは将棋のように相手の駒を奪っても再利用できないところではないでしょうか。だからその分勝敗までの時間もかからない。

周りの人がチェスのルールを覚えて対戦できたら良いなとおもう今日この頃です。みなさんも「チェックメイト」ってかっこよく言ってみたくないですか(笑)

さて、それでは本題のチェスの駒の擬人化画像をごらんください。フランチェスコ・リドルフィというカメラマン、フォトグラファーの作品だそうです、どうぞ。

 

■ポーン

65[1]

 

■ナイト

real-life-versions-of-chess-pieces5[1]

 

■ビショップ

329[1]

 

■ルーク

414[1]

「【コスプレ】チェスの駒を擬人化したコンセプト写真【リアルチェス】」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート