法律事務所

デザイン アートの記事一覧

今回はリーバイスジーンズの歴史がわかるレトロな画像集の話題です。

リーバイ・ストラウスはジーンズを開発した会社として世界中の誰もが知っていることでしょう。時はゴールドラッシュ、金鉱夫たちが履く丈夫なワークパンツとして好評となったのが始まり、というのも有名ですね。

銅鋲で補強した画期的なズボンだったんですね。リーバイスから生地を買っていたジェイコブ・デイビスという仕立て屋が考案し、リーバイスとともにジーンズの特許をとったようです。

最初はキャンバス生地だったものがデニム生地に変わりました。デニムとは綿を厚く織った生地です。染料にはインディゴが使われました。インディゴとはもともと植物由来の青い染料で世界各地で太古からつくられていた染料です。日本では藍(アイ)という植物ですね。

後にインディゴはドイツのアドルフ・フォン・バイヤーという科学者の発明によって化学合成によって作られるようになりました。しかし、リーバイスのヴィンテージものは天然インディゴで染められていた、なぜなら天然インディゴには蛇や虫除けの効果があるからだったといわれている。

ですが実際、これは都市伝説のようです。リーバイスの古いヴィンテージ・ジーンズも染料は合成インディゴで染められていたようです。確かに天然の藍(インディゴ)には蛇や虫除けの効果があるようなので良く出来た都市伝説ですよね。

さて、リーバイスは発展途上国にたくさんの工場を作りました。それと同時に工場で働く人のための学校を作っていたようです。そのことで株主たちから「学校を作る資金があるなら配当を増やすべき」と批判されました。しかし会社側は企業理念として社会に貢献する企業を追求するために批判を突っぱねたようです。かっこいいですね。

ではそんなリーバイスのレトロな画像集をご覧下さい、どうぞ。

Levis01_s

Levis02_s

Levis03_s

Levis04_s

Levis05_s

Levis06_s
「【デニム】リーバイスの歴史に触れるレトロな画像集【ジーンズ】」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート

今回は世界36カ国のキャビンアテンダントの画像集です。

女性が勤める職種の中で最も華やかな仕事「キャビンアテンダント」。以前はスチュワーデス、俗語ではスッチーといっていましたが今は言わないのでしょうか?客室乗務員というとなんだか硬いですし、かといってキャビンアテンダントって和製英語らしいので何か嫌ですね。

アメリカではフライトアテンダントというようです。でも、スチュワーデスが一番しっくりくるなー。いわゆるポリティカル・コレクトレス‐男女の差別をなくした呼称にすること‐によってスチュワーデスは全日空では禁止となったようなのです。

たとえば、消防士は英語でファイアーマンでしたが現在は、「ファイアーファイター」に警察官はポリスマンではなく「ポリスオフィサー」になっているとのこと。

話題がそれてしまいましたが、本題です。

世界36カ国のキャビンアテンダントの画像集です、どうぞ。

■エミレーツ航空 : アラブ首長国連邦‐ドバイ

01_1_s

 

■エティハド航空 : アラブ首長国連邦‐アブダビ

01_2_s

 

■大韓航空 : 韓国

03_1_s

 

■ティーウェイ航空 : 韓国

03_2_s

 

■ルフトハンザドイツ航空 : ドイツ‐ケルン

18_1_s

 

■ルフトハンザ航空

18_2_s

 

■エアベルリン : ドイツ‐ベルリン

18_3_s
「【スッチー】世界36カ国のキャビンアテンダントの画像集」の続きを読む »

デザイン アート, トラベル/リゾート

今回はスウェーデンで毎年開催されているトラックのフェスティバルをご紹介します。チューニングやドレスアップされた印象的なトラック、トレーラーの祭典みたいです。

このフェスは「トレーラー・トラッキング・フェスティバル(Trailer Trucking Festival)」という名称で、通称「ノルディック・トロフィー(Nordic Trophy)」と呼ばれているようです。

でも、スウェーデンでデコトラのフェスティバル!?ってみなさん意外じゃないですか??スウェーデンといえば社会福祉が発達した豊かな国で、H&Mやイケアなどのオシャレな北欧ブランドを有する国ですよね。

ただ、その方面の人たちからするとスウェーデンとトラックの祭典という組み合わせはおかしくもなんでもないようです。というのもスウェーデンはボルボとスカニアというトラックの販売で世界2位、3位(1位はダイムラー)の会社を有しているのです。

ボルボは聞いたことありますがスカニアとは?スカニアという非常に有名なトラックのメーカーがあるようです。一部でトラック野郎たちの憧れともいわれているようです。

はい、それでは見てまいりましょう。スウェーデンで開催されているドレスアップしたトラックの大会「ノルディック・トロフィー」の画像集です、どうぞ。

0284_s

0371_s

402_s

501_s

513_s
「【デコトラ】スウェーデンで開催されているトラックの大会がすごい【ドレスアップ】」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート

今回は海外サイトで紹介されていた東京の少女のクールなストリートファッションの話題です。

海外でクールジャパンを象徴するものとして、アニメとならんで紹介されるのものといえば、東京の少女のファッション。とくに原宿に出没するエキセントリックな女の子のファッションは大きな驚きをもって海外の反応に表れていますね。

日本発の原宿ファッションとしてまず思い浮かぶのは、ロリータあるいはゴスロリファッションでしょう。バンド好きやアニメ好きの女の子たちが好んで着はじめました。それからビジュアル系バンドのファッションの影響は大きいでしょう。いずれにせよサブカルチャーやアングラカルチャーにシンパシーを感じる女の子が原宿に集まるのは、そういったアバンギャルドでエキセントリックな雰囲気のお店が竹下通りに集まっていたからでした。

また、竹下通りは小規模店舗で入れ替わりの速いことが特徴的ですが、軽いノリでどんどん新しい実験的なブランドが誕生するのもファッション好きにはたまらないのだと思います。

それでは、海外サイトで紹介される原宿のガールズファッション画像集です、どうぞ。

011_s

023_s

032_s

042_s

052_s
「海外サイトで紹介される東京ガールズファッションがぶっとんでいる画像集」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート

今回はツイッターのオフィスを覗いてみたという話題です。今をときめくフェレッシュなIT企業はどんなオフィスで働いているのだろうか?気になりますよね。

ツイッターは2006年からサービスが開始されたミニブログの先駆的な企業ですね。元は「Blogger ブロガー」を作った人たちなんですね。それでBloggerはグーグルに売っちゃって温めていたツイッターの構想をついに開始した。

ツイッターは日本で特に人気があるツールのようです。本家アメリカの利用者を実質上回っているともいわれています。フェイスブックやグーグル+を利用せず、ツイッターだけ利用している人も多いですね。

フェイスブックなどに比べてツイッターは匿名性が高いのでそこが良いという人が多いということでしょう。フェイスブックも匿名的に利用できますがフェイスブックで匿名だと意味ないですからね。もちろんツイッターは匿名でなく身分を明かしてももちろん良いし、そっちの方が注目されもする。

確かにツイッターは2チャンネルやニコニコ動画との親和性があるように感じますね。クラスタがまとまりやすいみたいな。ミクシィのコミュニティーとは匿名性においてちょっと違くて、ツイッターはネタ要素が強い。

ツイッターは匿名だけど幅広いつながり、ミクシィは近場の仲間内あるいはコミュニティー内のつながり、フェイスブックは身分を明かした正統派のつながり、という感じがしますね。

それぞれの場面で使い分けている人が多いのではないでしょうか。日本のツイッター人気について最後に付け加えることがありますが、その前に

本題に戻って、ツイッターのオフィスを覗いてみた画像集です、どうぞ。

office_of_twitter_2_s

office_of_twitter_3_s

office_of_twitter_4_s

office_of_twitter_5_s

office_of_twitter_6_s

office_of_twitter_7_s
「【画像集】ツイッターのオフィスってどうなってるのか覗いてみた」の続きを読む »

デザイン アート