法律事務所

オモシロの記事一覧

今回は史上最も残念な死に方をしてしまった方々、7人をご紹介します。

そんなつもりはなかったのに間違って命を落とした7人の人たち。すべての共通点はいろんな意味で「過剰だった」ということだと思う。

それではさっそく見てまいりましょう。

■アドルフ・フレドリック スウェーデン国王 (在位:1751年 – 1771年) /食べすぎで死亡

アドルフ・フレドリック王の死因はセムラというシュークリームのようなもの、キャベツの酢漬け、かぶを添えた肉料理、ロブスター、キャビア、ニシンの薫製とシャンペンによる消化不良とされている。フレドリック王は食事の最後に大好きなセラムを14個も、ホットミルクとシャンペンとともに食べるのが大好きだった。食後1、2時間が経過したころ、腹痛とめまいと何らかの発作がおこり死亡した。

a98384_adolf-fredrik3

 

 

■フランツ・ライヒェルト /エッフェル塔からジャンプして死亡

1910年7月、オーストリア出身の発明家である彼は、現在のパラシュートと同じ原理の外套を発明しその成果を試すためにエッフェル塔から飛び降りた。しかしその外套は開くことなく彼は地上に激突した。その一部始終はたくさんの取材陣のカメラに収められた。

a98384_Flying_tailor3

 

■イザヤ・オティエノ /ヘッドフォンで大音量の音楽を聴いていた為死亡

著名なケニアの政治家の息子である彼は、留学先のカナダ、ブリティッシュコロンビア州で墜落してきたヘリコプターの下敷きになって死亡した。彼は手紙を出そうとポストに向けて歩いていた。ヘッドフォンで音楽を聴いていた彼は周囲の騒ぎや墜落してくるヘリコプターの音に気がつかなかった。

DSC0129crop.jpg

 

■イサドラ・ダンカン /長すぎたスカーフによって死亡

20世紀を代表するダンサーであり、モダンダンスの祖といわれる彼女は、1927年9月、フランスのニース近郊をスポーツカーの助手席に座りドライブを楽しんでいた。彼女は赤く長いスカーフを首に巻いていたのだが、そのスカーフが車の後輪に巻き込まれ惨死した。

a98384_isadora3

 

「史上、最も残念な死に方をしてしまった人たち【7選】」の続きを読む »

オモシロ, 世界びっくり

今回は個性的でちょっと笑えるのご紹介です。

傘について調べていたら、ビニール傘が日本人の発明だということを知った!日本人っぽい発明だなーっていう予感もしていたんですが、ホントにそうだった!予感があっても驚きますね。

開発したのは台東区田原町のホワイトローズ株式会社という傘製造企業。もともとは綿傘の色落ちを防ぐためにビニールクロスを綿傘にかぶせるというものだった。1958年にビニール傘の第一号が完成したが、すでに色落ちしないナイロン傘が出回っていたし、当時のビニール傘は今のように低価格ではなかった(むしろ高価)だったため売れなかった

しかし東京オリンピックでビニール傘を見たアメリカ人が驚き、ニューヨークで売りたいと持ちかけられた。ビニール傘はニューヨークで飛ぶように売れたようです。

ホワイトローズはアメリカ向けのビニール傘を関税がかからない関係で、台湾の工場で生産していたのだが、その技術が台湾国内に流出し、アメリカ市場が奪われてしまったという。さらには台湾製の低価格なビニール傘に日本市場も席巻され、あげく現在では中国製が95%を占めるようになってしまったようです。

海外でビニール傘の特許を取っていればよかったのですが、とっておらず残念ですね。

ちょっとさびしい話題でした。さて、それでは本題に戻りましょう。

個性的でちょっと変な傘の画像集です、どうぞ。

22d69750

31whe7y7PiL._SS400_

45348804

1244024501_photo

a97775_c1
「人とは違った個性的でちょっと変な傘の画像集【アンブレラ、パラソル】」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート

猫はユーモラスである。動物の中で最も見ていてあきないのが猫では無いだろうか。飼い主に従順で甘えることに関しては犬のほうが優れているが、あまり従順とはいえない気まぐれな猫がペットとして古代から人気があるのは、可愛いこととともに見ていて飽きないからだと思う。

たとえば、犬の尻尾の動きは嬉しい時に振る程度だが、猫の尻尾の動きは幾通りもの種類と意味がある。振っているときは興味を示しているがどちらかといえば警戒していることの方が多かったりする。

今回は猫のユーモラスな画像集です。

ちなみに

■私の好きな猫の行動

動くものに敏感に反応する、しかも必死

狭いところが好きで物の間に挟まっている

体が柔らかく変な格好をする

たまに甘えてくるのがリアルに寂しさを感じ、そのたびに新鮮なトキメキそ感じさせる

手の動きが可愛い、にくきゅうも可愛い

lol_cats_1_s

lol_cats_2_s

lol_cats_3_s

lol_cats_4_s

lol_cats_5_s
「厳選!笑えるユーモラスな猫の画像集【24枚】」の続きを読む »

オモシロ, 動物 生物

今回はベビーカーの話題です。世界のかっこよくて珍しいベビーカーをご紹介します。

ベビーカーは和製英語のようですね。英語ではプッシュチェアーとかベビーバギー、ストローラーなどというようです。日本ではアップリカ・チルドレンズプロダクツとコンビという二大育児メーカーがあって、ベビーカー市場はその二つの会社の寡占状態みたいですね。

ただ、近頃は海外ブランドのベビーカーの人気が上がってきているようです。マクラーレンとかカトージ、マイクフライトといったメーカーのベビーカーが売れている、ふむふむ・・・

・・・すいません、実は

あまり興味が無い話題でした(笑)でも下でご紹介するベビーカーはかっこいいんですよ!

ベビーカーというか乳母車といえば子連れ狼か戦艦ポチョムキンのオデッサの階段のシーンを連想してしまいました。

さてそれではさっそく見てみましょう。個性的でかっこいい世界のベビーカーの画像集です、どうぞ。

レトロスタイル

a97259_g172_1-retro

近未来卵型

a97259_g172_2-egg-shaped

ガトリングガン装備(笑)

a97259_g172_3-gun-shaped

自転車バギー

a97259_g172_4-bike

メルヘンかと思いきやモンスター

a97259_g172_5-monster

旅行用スーツケース変換タイプ

a97259_g172_6-samsonite

「最先端でかっこいいベビーカーの画像集【ネタ有り】」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート

今回は珍しいトイレットペーパーホルダーの話題です。近頃はいろんなタイプのトイレットペーパーホルダーがあって一瞬「どう使えばいいんだろう」と迷ってしまう時もありますよね。

昔はどこも同じで、芯に白いのを通して装着するやつだったと思いますが、今は下からはめるのとか、棒だけでできてるのとか、2つ横並びのとか、縦のやつとかいろいろあります。

さて、みなさんはトイレットペーパーをどっちの向きにとりつけますか?当然、手前に紙がたれるよう(表向き)に取り付ける、とほとんどの人が言うと思いますが、違いましたか?日本の場合どこのトイレに入っても紙は表向きに取り付けてありますが、アメリカではそうでも無いようです。

アメリカでのアンケートによると、表向きに取り付けるのが好きな割合は60~70%だとのことで、紙を壁側にたらす裏向きが15%ほど、他はどちらでもいい、という結果になっています。実際、アメリカに行った日本人からは、紙が裏向きになっていることがよくあって驚くという報告がかなりあります。

30~40%の人が裏向きが好き、あるいは気にしないということなので、けっこうな頻度で裏向きのトイレットペーパーに遭遇するわけですよね。いらいらしますね(笑)

アメリカの有名なコラムニストでアン・ランダースさんというかたがいて、世界の1000を超える新聞で彼女の人生相談が掲載されているようなのですが、トイレットペーパーの向きを相談されたことがあるようです。彼女は裏向きが好きだったので裏向きを推奨したら数千通の抗議の手紙が届いた。後に表向きを推奨したらまた数千通の抗議が来たようです。30年以上のコラム人生で最も議論を呼んだテーマになったとのこと。

さて、世界には裏向きに紙をたらすのが好きな人もいると知ったところで、本題です。世界の珍しいトイレットペーパーホルダーの画像集です、どうぞ。

a97175_g116_1-knight

a97175_g116_2-robot

a97175_g116_3-kitty

a97175_g116_4-reader

 

ウエスタン風

a97175_g116_5-cowboy
「【欲しいかも】個性的で珍しいトイレットペーパーホルダー【画像集】」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート