法律事務所

おもしろ画像の記事一覧

今回の話題は自動販売機です。私たち日本人には非常に馴染み深い、街中の自動販売機ですが、外国人からすれば、実は驚きの光景だとのことです。

えっ?そうなの?という感じがしますよね。そうです、海外では自動販売機はあまり馴染みの無いものなのだとのこと。アメリカにおいてはだいぶ普及してきたようですが、他の国々にはほとんどないようだ。

びっくりですね。日本には500万台以上もあるというのに。しかし近年はずっと減少傾向にあるようです。その分コンビニが増えてるからだろうなと予想できますけど、それでも海外に比べたらありえないほど多い。しかし外国人が驚くのはその台数もさることながら、その内容と技術に関してなんだとか。ビールやタバコが自販機で変えるのは日本だけですから!

そして海外の自販機は日本に比べてお粗末で、手動のもののほうが主流だといいます。しかもお釣りが出ないものがほとんど。もっとひどいのはお金を入れても商品が出てこないらしい(笑)

一方、日本の自販機はハイテクどころじゃない。もうずっと昔から冬はホットの商品は当たり前ですよね。アメリカにはありません。モニター付きやプリペイドカード式など考えられないことだとのこと。冬にホットのコーンスープが自販機で100円ちょっとで買えることに仰天し、非常にうらやましく感じるようです。

なぜ、日本だけが自動販売機が普及しているのだろう。それについては最後に回します。

それでは、あんなものやこんなものまで自販機で買える!?外国人がおどろく日本の自動販売機の画像集です、どうぞ。

japanese_vending_machines_1_s

 

お酒が自販機で買えるのは日本だけ

japanese_vending_machines_2_s

 

おなじくタバコも日本だけ

 

japanese_vending_machines_3_s

japanese_vending_machines_4_s

 

生花の自販機!

japanese_vending_machines_5_s

japanese_vending_machines_6_s

japanese_vending_machines_7_s

「外国人が驚いた日本の自動販売機の画像集【あんなものやこんなものまで・・・】」の続きを読む »

オモシロ, 世界びっくり

今回は銅像(ブロンズ像)にまつわる話題、というかネタです。

銅像っていたるところにありますけど、何か不思議な魅力があって印象に残りますよね。私たちに馴染み深い銅像は芸術作品というよりは街中にあって、その人(あるいは動物)をたたえるための記念碑的なものですよね。上野の西郷さんとか渋谷のハチ公だとか。

繁華街にある場合は待ち合わせ場所になることも多い。やっぱり印象に残るものだから、目印として待ち合わせ場所に適してる感じがします。

世界最大のブロンズ像はどのくらいの大きさかわかりますか?実はそれは日本にあります。茨城県牛久市の高さ120mの大仏様ですね。

さて、銅像といいますが銅で作られているのではなく正しくは青銅で作られています。銅だけだと硬度が弱まるので錫(すず)や亜鉛などとの合金である青銅で作られるわけです。

青銅というだけあって銅像は青緑の色をしてるイメージがありますよね。ですが青銅はもともと黄金色だったり白銀色で光沢があるようです。新しい10円玉やオリンピックのブロンズメダルは光っていますよね。青銅は酸化するとしだいに青緑色となるようです。緑青(ろくしょう)とよばれるサビが青銅と呼ばれるゆえんなのですね。

いつものように話題がそれましたが、それでは本題です。

銅像と一緒に悪ふざけした笑える画像集です、どうぞ。

a98585_statue-mischief_1-spank_s

a98585_statue-mischief_2-_s

a98585_statue-mischief_3-bear_s

a98585_statue-mischief_4-baseball_s

a98585_statue-mischief_6_s

a98585_statue-mischief_7-plane2_s

a98585_statue-mischief_8-dancing2_s
「【いたずら】銅像と一緒に悪ふざけした笑える画像集」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート

ディズニー・プリンセスといえば、世の女性たちの憧れを一身に背負っている存在という感じがしているのですが、実際はどうなんですかね?

「アンチ・ディズニー・プリンセス」の女性もやっぱりいたりしますか?男性には結構多そうですが(笑)。

ディズニー・プリンセスたちには共通の特徴がありませんか?家族思いの優しい娘だけど、男勝りの冒険好きで、家から飛び出して外の世界を夢見てるみたいな。それから、おてんばな上にけっこうわがままだったりしませんかね?あと、一番重要なポイントとして、そういった強い個性は絶世の美女だからこそ「許される」というか、「注目される」のであるということがありませんか?

最終的に「美女である」ということで、すべての特徴が(優位に)収斂してしまうのがなんとも解せないという感じがするのです。

そういった経緯で(笑)今回は一味違ったディズニー・プリンセスのイラストを気に入ったので、ご紹介したいと思います。

それでは、なにやらダークでゴシックなディズニープリンセスのイラスト集をご覧下さい、どうぞ。

 

■不思議の国のアリス

1_s

 

 

■眠れる森の美女

2_s

 

 

■美女と野獣

3_s

 

 

■シンデレラ

4_s

 

 

■ジェーン・ポーター(ターザン)

5_s

 

 

■ジャスミン(アラジン)

6_s

 

「【パロディー】ダークでゴシックなディズニー・プリンセスのイラスト集」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート

というのは静的なものだと普通見てしまうが、彼らの寿命はわれわれ動物とは違って桁違いであるから、そう見えるのかもしれない。われわれにとってはゆっくりと見えるが毎年葉や実を生やさせ確実に動いている。世界には樹齢1万年に迫る木も存在する。屋久島の縄文杉も樹齢5000年・・・すごい。

同じ植物でも草は逆にはかないですよね。正しくは木は木本(もくほん)、草は草本(そうほん)というらしく、年輪ができるのが木であるようだ。

世界の陸地の50%にはこの木が生えているのである。そのうちロシアの針葉樹林タイガの面積が22%だという。この木が地球上の二酸化酸素をすって酸素を吐いているから世界中のすべての木がなくなったら酸欠で生物は生きていけない!と思っていましたが、そうでもないようで、どうやら酸素に関しては大丈夫そうなんですが、その他の理由でやばいようです。

まずは皆さんご存知の二酸化炭素が増えることによる、地球温暖化ですね。それから山崩れや地表の不安定化がおこることによる災害。二酸化炭素は空気の中に0.03%しか含まれていないということは、ほんの少し増えることで影響がでかいということですよね。世界の樹木はどんどん伐採されていて、二酸化炭素がその分ちょっと増えるのだから、そのちょっとでいきなり環境に予期しない変化があってもおかしくないということなのかな?

と、木について少し考えてみました。そんなこんなで今回の話題は「木は強い」ということを表す画像集です、どうぞ。

1_s

2_s

3_s

4_s

5_s

6_s
「木に食べられる!?木の力強さが伝わる画像集」の続きを読む »

オモシロ, 世界びっくり, 動物 生物

スタジオジブリの新作映画『風立ちぬ』の中で、零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の設計者で主人公の堀越二郎が、紙飛行機を飛ばして構想を練っているシーン、それに続くヒロイン菜穂子が紙飛行機をキャッチするシーンは非常に印象的ですよね。

飛行機にこめられた想いが風に乗ってヒロインのもとへ飛んでいく、それをしっかりキャッチするという、さわやかでときめくシーンです。と同時に、あの紙飛行機の軽快な飛行にワクワクさせられます。やはり本職の設計者が作る紙飛行機はそんじょそこらと違うんだろうなと想像しちゃいます。宮崎駿氏も飛行機に造詣が深いので、氏の紙飛行機も飛びそうですね。

だれもがいろんな紙飛行機を試したことがあるでしょう。とにかく飛行距離がながいもの、飛行スピードがあるもの、回転するものなどなど。しかし映画のようにすばらしい飛行をするものはなかなか出来ませんでしたよね。

さてそれでは今回の話題、最高の紙飛行機の折り方はどれだ!をご覧下さい、どうぞ。

1_s

2_s

3_s

4_s

5_s
「【12種類】最強最高の紙飛行機の折り方はどれだ!?【『風立ちぬ』を超えろ!】」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート