法律事務所

世界一の記事一覧

今回は世界のジェット戦闘機トップ10ランキングという話題です。

世の男子の究極の憧れ、それは戦闘機でしょう。いろんな意味で。一方こんなに怖ろしいものはない。現在ではレーダーに感知されないステルス戦闘機や無人戦闘機なんていうのもある。だが実際、現代の戦争において戦闘機の出番というのはどれくらいあるのだろうか?無いに越したことは無いだろうけど。

それではさっそく、海外サイトで紹介されていた世界最強のジェット戦闘機トップ10をご覧下さい、どうぞ。(順位の基準はスペック、認知度、実践活躍などの総合だと思われる)

 

10.Su-27 フランカー :ソ連(のちロシア) 1977年初飛行 84年導入

乗員: パイロット1名 全長: 21.94 m 全幅: 14.70 m
全高: 5.93 m 翼面積: 62.0 m2 空虚重量: 17,700kg
運用時重量: — kg 最大離陸重量: 33,000kg
動力: リューリカ設計局製 AL-31Fサルトゥンエンジン A/B付きターボファン×2
推力 (A/B) 122.58 kN 12,500 kgf ×2
最大速度: マッハ 2.3 @A/Bオン 航続距離: 約4,000km
最大運用高度: 18,000m 上昇率: — m/min
翼面荷重(最大離陸重量時): 532 kg/m2
固定武装: GSh-30-1 30mm 機関砲×1(150発)
搭載兵器
電子兵装 N-100型SLOTBACKレーダー。RLPK-27型FCS
空対空ミサイルR-27、R-73

Su-27-Top-Ten-Jet-Fighters-around-the-World_thumb

 

9.F/A-18E/Fスーパーホーネット :アメリカ1995年初飛行 99年導入

F/A-18A-D   : F/A-18E/F
全長    17.07 m    :18.38 m
全幅    11.43 m    :13.62 m
全高    4.66 m    :4.88 m
主翼面積    37.2kg/m²    :46.45kg/m²
空虚重量    A/B:12,973 kgC/D:10,810 kg    :14,007 kg
最大離陸重量    A/B:21,888 kgC/D:23,542 kg    :29,938 kg
エンジン    F404-GE-400 ターボファンエンジン ×2   : F414-GE-400 ターボファンエンジン ×2
推力    A/B:7,258 kgf × 2C/D:8,145 kgf × 2    :5,669 kgf (クリーン) × 2
9,979 kgf (アフターバーナー) × 2
最大速度    A/B:M 1.7+ C/D:M 1.8    :M 1.6
航続距離    3,700 km    :3,705 km
戦闘行動半径    C/D:290海里(約537km)   :
実用上昇限度    15,240 m    :15,250 m

F-18-Top-Ten-Jet-Fighters-around-the-World_thumb

 

8.F-16 Eファイティングファルコン :アメリカ1974年初飛行 78年導入

全幅:9.45 m (翼端ミサイルランチャー含む) 全長:15.03m
全高:5.09m 翼面積:27.87 m²
空虚重量:9,979 kg (コンフォーマル・フューエル・タンク装備)
全備重量:13,154 kg 最大離陸重量:20,866 kg
発動機:ゼネラル・エレクトリック F110-GE-132 (A/B使用時 144.47 kN) 1基
FCS:AN/APG-80[189] レーダー警戒装置:不明
最大速度:マッハ2.02
乗員:1名

F-16-Top-Ten-Jet-Fighters-around-the-World_thumb

 

7.F-15 イーグル :アメリカ 1972年初飛行 78年導入

乗員: 1名(B/D/DJ型は2名) 全長: 19.43 m
全幅: 13.05 m 全高: 5.63 m 翼面積: 56.5 m2(C)
空虚重量: 12,973 kg 最大離陸重量: 30,845 kg
発動機: F100-PW-220ターボファンエンジン (A/B:10,640 kgf)× 2
最大速度: M2.5 巡航速度: M0.9
航続距離: 3,450 km(フェリー)、 4,630 km(増槽)以上、5,750km(CFT装着)以上
実用上昇限度: 19,800m (65,000ft)
機体寿命: 8,000時間(後に10,000時間に延長)

F-15-Top-Ten-Jet-Fighters-around-the-World_thumb

 

6.MIG-35 ファルクラムF :ソ連(のちロシア)2007年初飛行 導入不明

RD-33MKエンジン ジュークAE AESAレーダー
全長:17.3 m 全幅:12.0 m 全高:4.7 m
翼面積:38 m2 空虚重量:11,000 kg
通常離陸重量:17,500 kg 最大離陸重量:29,700 kg
発動機:RD-33MK ターボファンエンジン×2基
ドライ推力:5,400 kgf ×2 アフターバーナー使用時: 9,000 kgf ×2
最大速度 高高度:M2.25(2,400km/h) 低空:1,450km/h
航続距離 通常航続距離:2,000 km 戦闘行動半径:1,000 km
フェリー航続距離:3,100 km 上昇率:330 m/秒
実用上昇限度:17,500 m 推力重量比:1.14
最大荷重:10G GSh-30-1 30mm機関砲×1 装弾数150発
ハードポイント9か所

Mig-35-Top-Ten-Jet-Fighters-around-the-World_thumb

 

「【トップ10】世界最強のジェット戦闘機ランキング」の続きを読む »

デザイン アート, 世界びっくり

今回は世界一のエンターテイメント都市ラスベガスの歴史がわかる画像集の話題です。ラスベガスはカリフォルニア州の隣、アメリカ西部に位置するネバタ州南東部にある、ネバタ州最大の都市。

ラスベガスといえばカジノ、ギャンブル、各種エンターテイメントなど、いわずと知れた世界一の大歓楽都市ですよね。しかしもともとは広大な砂漠地帯でゴールドラッシュに沸くカリフォルニア州への中継地点(オアシス)に過ぎなかった。

ゴールドラッシュのブームが終わるとさしたる産業の無いネバタ州はいよいよ手立てがなくなり、1931年賭博を合法化させた。近くでダム建設があり労働者たちがあつまる街となった。

砂漠のラスベガスが本格的に変貌を遂げるのは、第2次大戦後である。ニューヨーク出身のギャング、ベンジャミン(バグジー)・シーゲルがカリフォルニア(ハリウッド)に勢力を確立させ、次に目をつけたのがギャンブルが合法となっていたラスベガスだった。ラスベガスを巨大な歓楽街にするのがバグジーの夢となった。

当時のラスベガスはまだ小さなカジノしかない3流の繁華街。バグジーはそこにハリウッドのような壮大なホテルにカジノを併設させた「フラミンゴホテル」を建設したのだった。1946年フラミンゴホテルは完成、しかし建設費が膨大になってしまい、また売り上げもなかなか上がらず赤字がかさみ、バグジーは窮地に立たされた。膨大な建設費はギャング(マフィア)のボスたちに頼み込んでかき集めていたのだ。

仲間の信用を失い目障りなだけの存在となったバグジーは1947年6月ヒットマンにより殺害された。しかし彼の死後、ラスベガスもフラミンゴホテルも次第に活況を見せ始め、マフィアが次々とホテルを建設していったのだった。そしてラスベガスは一大歓楽街となった。

1960年代後半ごろから当局の取締りが厳しくなり、マフィアはラスベガスのホテルを手放していった。現在のラスベガスは老若男女誰もが楽しめる安全な街となりますます発展を見せている。

それでは、砂漠から一転、世界一の歓楽都市となったラスベガスの変容の様子をごらんください、どうぞ。

then-and-now_004_s LasVegas02_s LasVegas01_s LasVegas03_s LasVegas04_s LasVegas05_s LasVegas06_s LasVegas07_s LasVegas08_s

「【画像集】世界一の歓楽都市ラスベガスの変貌【砂漠に現れた夢の街】」の続きを読む »

トラベル/リゾート, 世界びっくり

今回は世界一大きな観覧車TOP10の話題です。

高所からの眺望を楽しめる観覧車。しかしゴンドラが周るしゆれるし怖いので高所恐怖症の人には厳しいですよね。中国には安全が確認されないため人は乗れないけど動いている大観覧車があるそうです。そう、観覧車は建築物としてランドマークになるという側面もありますね。

さて、そんな観覧車ですが90年代まで、日本が観覧車の大きさで世界一の記録を更新しまくっていたようなんです。バブルのイケイケ感が伝わってくるエピソードですが、大観覧車はインパクトがあるので高い建築技術をはじめとした国力みたいなものを世界にアピールするためにもいいかもしれませんよね。

というわけで、現在大観覧車を作りまくっている国はというとどこでしょうか?そうです、中国なんですね。中国は観覧車だけでなく、どデカイものを近年は作りまくっているイメージがありますね。どデカイ=成金の象徴見たいな感じがしますが・・・。それからやっぱりUAEのドバイで現在世界最大の観覧車が建設途中だとか。なんだかわかりやすいことになってますね(笑)。あれほど作られていた日本での大観覧車の建設は過去15年くらい無いみたいですね。大人になったんでしょうかね。

それでは、世界最大の観覧車トップ10をごらんください、どうぞ。

10.パレットタウン大観覧車 (高115m、径100m) お台場

f_p1

 

9.ダイヤと花の大観覧車」(高117m、径111m) 葛西臨海公園

wheels10_s

営業終了.「Sky Dream Fukuoka」(高120m、径112m)福岡市 2009年まで

wheels09_s

 4.鄭州フェリスホイール 120メートル 中国 広東省広州市

wheels08_s

 4.長沙観覧車 120メートル 中国 長沙市

wheels07_s

「世界で一番大きい観覧車トップ10【世界最大】」の続きを読む »

デザイン アート, 世界びっくり

今回は史上最も偉大な、あるいは影響力のあった革命のTOP10という話題です。

革命、レボリューションというと皆さん何を思い浮かべますか?近年でいうとエジプトで独裁を敷いていたムバラク大統領が大規模なデモによって辞任に追い込まれたエジプト革命がありましたね。

革命とは広義には抜本的な社会変革が行われることですが、歴史的には支配権力が下層の階級に転覆されることを言いますよね。王や貴族が資産家市民(ブルジョア)に、ブルジョアが平民(一般的市民)に、さらに労働者(プロレタリアート)に権力を奪われる。結果現在は多くの国で平等な人権が獲得されることとなっていますね。

革命と似たものにクーデタという言葉がありますが、これは闘争により単に権力者が入れ替わることで、必ずしも階級闘争ではありません。たとえば明治維新については革命とはいえないという議論がありますね。ですが単なるクーデタでもない。ということで「維新」という言葉が使われているのでしょう。

それでは史上最も偉大な、あるいは影響力の大きい革命TOP10を見て行きましょう。

10.ハイチ革命(1791年 – 1804年)

アメリカ大陸や西インド諸島に奴隷としてつれてこられた黒人たちによる反乱の中で、最も成功したもの、革命である。これによりハイチで史上初めて黒人による共和国が設立された。当時ハイチは世界の砂糖の40%をまかなう生産地であった。フランスの植民地であったハイチは奇しくも本国のフランス革命に影響され黒人指導者のトゥーサン・ルーヴェルチュールや彼を引きついたジャン=ジャック・デサリーヌらの扇動によってフランスからの独立が達成された。さらに、その後のアメリカの黒人奴隷による反乱を準備したといえる。

San_Domingo_s

9.イラン革命(1972年2月)

米国とソ連の冷戦が繰り広げられていた中、イランは地理的、資源的な理由による国際戦略から米国の傀儡政権が樹立していた。それは脱イスラームの近代化政策を掲げた政府であった。弾圧されていたイスラム教勢力はフランスに亡命を余儀なくされていた宗教と革命の指導者ルーホッラー・ホメイニーを精神的支えにし、革命を成功させた。朝鮮やベトナム、アフガンといった地域で冷戦における米ソの代理戦争が繰り広げられたこととは異なり、反米を掲げながらもイランはソ連の力を借りるのではなく、第三の世界としてイスラム教勢力の自立を世界に示したといえる。

110818iran01_s

8.キューバ革命(1953年~1959年)

著名な革命家フィデル・カストロ、チェ・ゲバラらが中心となって、米国の影響力の下にあった政権を打倒した武装闘争。少数先鋭から始まった壮絶なゲリラ戦によって勝利を勝ち取ったこと、アルゼンチン人の医学生である英雄チェ・ゲバラが革命軍に命を賭したことで後に伝説となる。もともとは共産主義革命ではなかったが、アメリカの執拗な警戒心から後にソ連に近づくことになる。アメリカと目と鼻の先にある国での共産主義国家の成立は世界を驚かせるに充分だった。

DSCN0662_s

7.1911年の辛亥革命から国共内戦を経て1949年の中華人民共和国成立

イギリスとのアヘン戦争、日本との日清戦争で大敗したことで列強への恐怖がつのる中、時の政府「清朝」に対し、孫文らを中心に日本の明治維新を参考とした近代化を目指す勢力が清朝の打倒を達成し中華民国が設立される。その後、中華民国総統の蒋介石率いる国民党と毛沢東率いる共産党は内戦を続けていたが、日中戦争の間は国共合作し協力した。第2次大戦後、ソ連から支援を受ける共産党は、アメリカからの支援を切られた国民党を倒し、中華人民共和国が設立された。国民党の中華民国政府は台湾に逃れた。

20100302_01_s

6.青年トルコ人革命(1908年~)

オスマン帝国末期に専制を敷くアブデュルハミト2世に対して、青年将校たちが憲政を目指して反乱した革命。日露戦争での日本の勝利が、憲政の確立によるものとしてこの革命に影響をあたえた。その後、第一次大戦後のトルコ独立革命に結実していく。さらにその後のトルコの近代化も青年トルコ人が牽引していった。歴史的に非常に影響力の強いイスラーム教の戒律を政治から切り離スコとに成功し、憲法を立てる近代国家となった。青年トルコ人という名称は彼らが亡命していたフランスの「青年イタリア」といった政治結社からなぞらえられた。

0045uo7_s

5.太平天国の乱(1850年~1863年)

史上最も血なまぐさい内戦といわれている。2000万人あまりの死者を出した。

キリスト教徒の洪秀全(こうしゅうぜん)が「太平天国」を建国し清朝と13年に渡る壮絶な内戦を繰り広げた。当時の日本はこの内戦を漢民族による打倒清朝(打倒満州民族)の内乱だととらえており、まさか漢民族出身ではない洪秀全によるキリスト教徒の反乱だとは思いもしていなかった。太平天国軍は規律を遵守し高いモラルを有していたことから人々の人気を博し、拡大していった。また西欧諸国からの後ろ盾も加わり清朝打倒の一歩手前まで踏み込んでいった。

しかし洪秀全は清朝を滅ぼした後は西欧列強から朝貢を受ける気でいたため、かみ合わなくなり西欧列強は清朝側の支援に傾いていった。洪秀全が当時の世界の力関係と中国の現状を良く把握していたら中国にはまさかのキリスト教国が誕生していたかもしれない。

800px-Vanquishing_of_Wuchang_city_s
「史上最も偉大な、あるいは影響力の大きい革命TOP10」の続きを読む »

世界びっくり

今回はリーバイスジーンズの歴史がわかるレトロな画像集の話題です。

リーバイ・ストラウスはジーンズを開発した会社として世界中の誰もが知っていることでしょう。時はゴールドラッシュ、金鉱夫たちが履く丈夫なワークパンツとして好評となったのが始まり、というのも有名ですね。

銅鋲で補強した画期的なズボンだったんですね。リーバイスから生地を買っていたジェイコブ・デイビスという仕立て屋が考案し、リーバイスとともにジーンズの特許をとったようです。

最初はキャンバス生地だったものがデニム生地に変わりました。デニムとは綿を厚く織った生地です。染料にはインディゴが使われました。インディゴとはもともと植物由来の青い染料で世界各地で太古からつくられていた染料です。日本では藍(アイ)という植物ですね。

後にインディゴはドイツのアドルフ・フォン・バイヤーという科学者の発明によって化学合成によって作られるようになりました。しかし、リーバイスのヴィンテージものは天然インディゴで染められていた、なぜなら天然インディゴには蛇や虫除けの効果があるからだったといわれている。

ですが実際、これは都市伝説のようです。リーバイスの古いヴィンテージ・ジーンズも染料は合成インディゴで染められていたようです。確かに天然の藍(インディゴ)には蛇や虫除けの効果があるようなので良く出来た都市伝説ですよね。

さて、リーバイスは発展途上国にたくさんの工場を作りました。それと同時に工場で働く人のための学校を作っていたようです。そのことで株主たちから「学校を作る資金があるなら配当を増やすべき」と批判されました。しかし会社側は企業理念として社会に貢献する企業を追求するために批判を突っぱねたようです。かっこいいですね。

ではそんなリーバイスのレトロな画像集をご覧下さい、どうぞ。

Levis01_s

Levis02_s

Levis03_s

Levis04_s

Levis05_s

Levis06_s
「【デニム】リーバイスの歴史に触れるレトロな画像集【ジーンズ】」の続きを読む »

オモシロ, デザイン アート