世界の国々、そこで暮らす人々の生活の質や発展度合いを示す指標に人間開発指数(HDI)ものがあります。平均余命指数、教育指数、GDP指数などから特殊な計算式から算出される指数である。毎年、国連年次報告の中で公表される。

似たものに、地球幸福度指数というものもあって、それは人間開発指数が経済的な面にかたよっているとして、もっといろいろな側面(環境への負荷など)から生活者の幸福度を測ったものなのですが、そのランキングだと中南米やカリブ海の国々が上位に多数上がっている。日本はというとかなり低い数値となっているのが興味深い。

さて、人間開発指数に話を戻すと、長寿であること、教育レベルが高いこと、社会的なインフラや福祉の先進性が要点となっている。必然的にGDPの高い裕福な先進国が上位にくることになるが、結果はどうでしょう。

それでは2013年の人間開発指数(HDI)ランキング:トップ10を見てみましょう、どうぞ。

■10位.日本 スコア:0.912

1181e85a_s

 

■9位.スイス スコア:0.913

スイス_s

 

■8位.スェーデン スコア:0.916

sweden_stockholm_s

 

■7位.アイルランド スコア:0.916

republic20of20ireland_country_image_s

■6位.ニュージーランド スコア:0.919

wellington_s

 

■5位.ドイツ スコア:0.920

germany_s

 

■4位.オランダ スコア:0.921

amsterdam-the-netherlands2_s

 

■3位.アメリカ スコア:0.937

new-york-city1_s

 

■2位.オーストラリア スコア:0938

australia_sydney_-_opera_house_s

 

■1位.ノルウェー スコア:0.955

time_machine-august13-norway_winter_wallpaper-395109-1281697835_s

ノルウェー、オーストラリアここ最近ずっと1位2位ですね。特にノルウェーの数値は特に高いですね。ちなみに日本は1990年、91年は1位だったようです。バブルが頂点になったころということでしょうか。それ以来は10位前後なのですが、ノルウェーは10年以上ほぼ1位といった感じですので、本物の先進国といえるかもしれません。

listverse.com